« 捨て方がわからない | Main | 足掛け9ヶ月、X01NKの不具合問題がようやく決着 »

Aug 01, 2009

USBラジオチューナーRadio shark2

 USB接続のラジオチューナーを買った。選択肢はあまり多くない。Mac対応しているものとなると、さらに数が少なくなる。

・Logitec LRT-FMAM100U
・Griffin Radio shark2

 この二つくらいしか見当たらない。ユーザの声を検索してみると、どちらも感度が良くないようだ。LRT-FMAM100UはUSBメモリのようにUSBコネクタ一体で、HUBに差すことになる。PCから出るノイズの影響を受けやすそうだ。一方、radio shark2は自立する構造でPCから離して設置できる。少しでもノイズから逃れられればと、こちらを選んでみた。

 ところが、USB延長ケーブルでPCから離した上で付属アンテナを付けてもFM1局しか入らない。AMはノイズの彼方にうっすら聞こえるだけ。感度が悪いとは聞いていたが、ここまでダメだとは。感度改善の方法は調べておいたので、早速改造することにした。

k3k1::log radio SHARK 2 を改造する(2007-08-12)
craftな毎日 radio SHARK 2 を改造する(2008-2-11)

 まず、筐体を開ける。両面テープで貼り付いている底面のゴムを外し、ネジを一本抜く。堅く噛んだ筐体を左右に開く。ここがいちばん大変だ。

Dscf2268r

 アンテナまわりの配線がおかしいのは上記ブログの指摘通り。付属のFM外部アンテナは、3極ミニプラグ(φ3.5mm)のGND側にリード線がつながっているだけだ。これは内蔵アンテナの寸度不足を補うことを意図した設計で、独立した外部アンテナを接続することは想定されていない。

Tea5777
ST-NXP Wireless April 2006, Product data sheet TEA5777 Rev. 01-11, P7

 そこで、外部アンテナが繋がるように改造する。

Dscf2274r

 シールド線でジャックからランドへジャンパを飛ばし、RFIN2, GNDRFが、それぞれ三極ミニプラグのL, GNDとなるように結線する。F型-ミニプラグ変換アダプタを介して部屋に来ているテレビアンテナに接続したところ、FMはクリアに受信できるようになった。

 次にAMアンテナを巻き直す。内蔵アンテナは11回しか巻かれていない。

Dscf2271r

 40回を目安に巻き直す。測定器が手元にないので、巻き数は「craftな毎日」を参考にさせていただいた。

Dscf2272r

 AMは改善したものの実用にはほど遠い。ノイズまじりで、聞いているのが辛い。うちはRC構造で、普通のAMラジオでも受信状況が良くない。感度に劣るUSBチューナーは実用にならないということか。

 以上のような改造を加えることでFMチューナーとしては使えるようになったが、買ってきたままの状態では強電界地域に住んでいる方でないと使い物にならないだろう。あまりおススメできない出来だ。


Griffin Technology Radio SHARK 2 AM/FMラジオレコーダー
Griffin Technology Radio SHARK 2 AM/FMラジオレコーダー

« 捨て方がわからない | Main | 足掛け9ヶ月、X01NKの不具合問題がようやく決着 »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

私も何年か前に買いました。
USBラジオチューナーはあまり良い物がないですね。
結局、使い物にならなかったので、ソフマップに売却しました。
ポッドキャストでもいいんですが、やはり生のラジオも必要です。現在はラジカセで録音していますが、最終的にMP3ファイルにするので、ダイレクトにパソコンに録音できる機器が必要ですね。

 現在手に入る製品はどれもこれもイマイチの出来のようですね。一世を風靡したVH7PCは、AMチューナの音質も良かったようですが、これに替わる製品は見当たりません。単体でHDDに録音できるOLYMPUSのVJ-10も便利そうですが、ちょっと高いんですよね。

突然で失礼します。
私もRadio SHARK 2を使っているんですが、Mac OS 10.6で使用できるか知りたいのです。
10.6を導入したとありましたので、情報いただけますとありがたいです。
よろしくお願いします。

 jzz300さん

 連休で帰省しており、お返事が遅くなりました。Snow LepoardでのradioSHARK2ですが、私が使う範囲では正常に動作しています。

・FM放送の受信、タイムスリップ、AACでの録音
・タイマー録音時、スリープからの自動復帰
・iTunesへの自動登録

 確認できているのは、このあたりです。10.5から10.6に入れ替えたことで、radioSHARKへの影響はあまりないようです。ひとつ気づいたのは、リブート後もLEDの点灯、消灯の設定を保持するようになったことでしょうか。それ以外には違いが見あたりません。

 なお、OS X 10.6.1と、radio SHARK v2.0.2 (2N20 - Apr 11, 2007 15:56)にて動作検証しました。

ご回答ありがとうございました。
助かりました。

The comments to this entry are closed.

« 捨て方がわからない | Main | 足掛け9ヶ月、X01NKの不具合問題がようやく決着 »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ