« メインのケータイをドコモに変更 | Main | 一長一短のdocomoのN-02AとSBMの920SH、シャープ製端末をドコモ回線で使うのがベスト? »

Dec 15, 2009

ソフトバンク 920SHとdocomo N-02Aの撮りくらべ

Dscf3068r

 ソフトバンクのケータイは、解約してUSIMを抜くと何もできなくなる。USIM未挿入で起動すると、電源オフ以外の一切の操作を受け付けなくなる。着発信ができないのはもちろん、ストレージに記録したデータの転送も、電話帳の閲覧もできない。解約後USIMを返却してしまうと、全ての機能が失われるのだ。

[解約]USIMカードは解約後も使えますか?(よくあるご質問(FAQ))
なお、SoftBank 3GやXシリーズは、USIMカードを挿し込むことでご利用可能となりますので、解約後は電話帳やデータフォルダの閲覧をはじめ、カメラ・ワンセグ・着うた・S!アプリのご利用など、一切の操作ができなくなります。

Dscf3072r Dscf3073r

 ドコモの端末はちがう。
 USIM未挿入で起動するとFOMAカード挿入を促すメッセージこそ出るが、「OK」を選べば通常通り起動する。

 インセンティブモデルと訣別した「分離プラン」を標榜している以上、契約の有無にかかわらず端末機能は制限されないのが当然だ。契約を切ったとたんに端末機能をロックするSBMの実装は、分離プランの趣旨を踏みにじるものだ。

 ともあれ、ソフトバンクを解約する前には、データのバックアップを取っておくことをお勧めする。同社回線を複数持っていれば、USIMの入れ替えでデータを救出できるがあまり一般的ではないだろう。


 閑話休題。

 今後920SHとN-02Aを同時に持ち運ぶことがなくなるので、最後に撮りくらべをしてみた。前回のエントリーでは、夜景で比較をした。

遊手徒食; メインのケータイをドコモに変更(Dec 13, 2009)

 今度は昼間に撮りくらべてみた。

Sbsh0465
 920SH YK オリジナル

Nec_0013r
 N-02A 再圧縮

 夜景ほど明確な差はないが、920SHの方がやや硬調で、発色も浅い。明確に差があるのは背後の雑木林の描写だ。920SHは紅葉をほとんど表現できていない。

Nec_0012 Sbsh0466r2
 N-02A              920SH(回転)

 ダイナミックレンジを評価するために、逆光の厳しい光線条件で撮影した。ハイライトの表現は大差ないが、シャドウの表現に差がある。ガラス窓の表現や、手すりの下の腰壁をご覧いただきたい。ほぼ真っ黒に潰れる920SHに対し、N-02Aはガラスの反射光が見て取れる。ダイナミックレンジの広さに相当な差があるのだろう。

 エントリーの締めには、夜景をもう一枚。

Nec_0015

 この時点では既にN-02Aしか持ち合わせていなかったので、920SHでの作例はない。920SHでは撮ってみようとも思わない条件でもある。サムネイルならそこそこ見られるが、原寸では相当厳しい写りだ。しかし、とにもかくにも絵にはなっている。コンパクトデジカメならば、さらに言えばデジタル一眼を三脚に据えれば、もっといい絵が撮れるだろう。とはいえ、それらは常時持ち歩くには大きすぎる。薄型ケータイながら、とにかく絵にはなる、というのはありがたい。

 携帯百景のコメントも書き換えた。
20091215_110947_pm
      ↓
20100117_085249_am

« メインのケータイをドコモに変更 | Main | 一長一短のdocomoのN-02AとSBMの920SH、シャープ製端末をドコモ回線で使うのがベスト? »

ケータイ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ