« ソフトバンク 920SHとdocomo N-02Aの撮りくらべ | Main | 「iチャネル」と「iコンシェル」 »

Dec 19, 2009

一長一短のdocomoのN-02AとSBMの920SH、シャープ製端末をドコモ回線で使うのがベスト?

 ソフトバンク920SHから、ドコモN-02Aに乗り換えて一週間経った。勤め先の屋内ではSBMは9割がた圏外だが、docomoは8割以上使える印象だ。エリアマップを見る限り、ここではSBMの方が有利に見える。ところが実際は逆だ。SBMのエリアマップはずいぶん杜撰に塗られているようだ。

Dscf3097r
 自室でもSBMの電波状況は良くない。アンテナピクトは不安定で、通話したまま部屋から出ると、百発百中切断される。これはiPhoneだけでなく920SHでも同じだった。

 ドコモに乗り換えたことで電波状態は、はるかに良くなったが、端末の使い勝手は920SHに軍配が上がる。N-02AのUIはどうにも見通しが悪い。NEC端末は久しぶりということもあろうが、以前と比べても混迷が深まっているように思う。920SHはまずまず直感的だったが、N-02Aは求める機能がどこに入っているか類推しがたい。増築を重ねた古い建物のようだ。SBMでは812SH, 814T, 920SHを経験しているが、814Tに近い印象を受けた。

Dscf3104r2 N-02AのUIは、814TのUIに基本設計はそのままに多機能を押し込んだようなものだ。こういう無神経な「建て増し」は東芝もやっており、920Tの「設定」(ケータイwatch)は、814Tそのままだ。ディスプレイのアスペクト比変更で開いたスペースにはカレンダーで埋めているあたり、ちょっと笑ってしまう。そこまで酷くはないが、画面の広さの無駄遣いはN-02Aでも随所に見られる。


 たとえば「機能メニュー」の一度に確認できる項目が、全項目数と比べて少ない。
Dscf3103r2 これはPCで言うところのコンテキストメニューだ。右クリックでで出てくるアレである。画像ファイルでの「機能メニュー」は22項目もある。上下には随分と余白が空いているのに、一度に表示されるのは7項目だ。なぜ7項目? 一度に10項目出しちゃダメなのか? いちページあたりの提示項目を増やせないなら、ここに機能を詰め込んじゃ拙いだろう。雑多な機能が4ページに分かれて押し込まれているため見通しが悪い。必要な機能を探すよりも、用のない項目を読み飛ばすのに骨が折れる。メニューの配置に慣れるまでは説明書が手放せないだろう。

Dscf3099r2 920SHはどうかというと15項目もある。十分に整理されているとは言い難いが、N-02Aよりはマシだ。また、6項目め以下はスクロールする。数字キーによるショートカットは効かないが、ページ切り替えのN-02Aよりは項目が探しやすい。マニュアルなしでもまずまず使える。これまで説明書を見ないとわからなかったことは多くない。
 

 シャープは2005年度以降、4年連続で携帯電話の国内シェア1位を獲得している。その理由の一端がわかった気がした。マニュアルと首っ引きにならずともまずまず使えるのは、UI設計が成功している証拠だろう。

« ソフトバンク 920SHとdocomo N-02Aの撮りくらべ | Main | 「iチャネル」と「iコンシェル」 »

ケータイ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ