« FUJIFILM Finepix F100fdからF200EXRに買い替えた | Main | 遅ればせながらのGigabit Ethernet »

Jan 30, 2010

F100fdとF200EXRのユーザインタフェイス比較

 F100fdでの露出補正は、次の手順を踏む。

1.メニューボタンを押下
 Nec_0119r

2.ダイアルを回し、「撮影メニュー」を選択
 Nec_0120r

3.「露出補正」を選択
 Nec_0118r

4.上下キーで補正値を選択
5.メニューボタンを押下して設定


 F200EXRでは、このように改善された。
1.露出補正ボタンを押下
 Nec_0122r

2.上下キーで補正値を選択
3.メニューボタンを押下して設定

 F100fdでも、メニューボタンの長押しによる「撮影メニュー」へのショートカットはあったが、露出補正ごときでボタン長押しはないだろう。ホワイトバランス修正も、いちいち「撮影メニュー」に入る必要があった。こうしたUI設計からは、ユーザにこれらを触らせたくなかったと受け取らざるを得ない。

 F200EXRでは世間なみに戻っている。露出補正にはキーが割り当てられ、ホワイトバランスも「フォトモード(F)」押下時のメニューから選択できるようになった。

Nec_0121r


 F100fdでは、ここからは感度、AF速度、ピクセル数の変更など不要不急の設定しか呼び出せなかった。なので、"F"ボタンを押した覚えはほとんどない。必要な機能はメニューボタンを長押ししなければ出てこなかった。そのせいで、F200EXRに乗り替えた今でも、ついメニューボタンを長押ししてしまう。F100fdのUIは、なんであんなになっちゃったんだろうな。

« FUJIFILM Finepix F100fdからF200EXRに買い替えた | Main | 遅ればせながらのGigabit Ethernet »

コンパクトデジカメ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ