« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010 posts

Jan 30, 2010

F100fdとF200EXRのユーザインタフェイス比較

 F100fdでの露出補正は、次の手順を踏む。

1.メニューボタンを押下
 Nec_0119r

2.ダイアルを回し、「撮影メニュー」を選択
 Nec_0120r

3.「露出補正」を選択
 Nec_0118r

4.上下キーで補正値を選択
5.メニューボタンを押下して設定


 F200EXRでは、このように改善された。
1.露出補正ボタンを押下
 Nec_0122r

2.上下キーで補正値を選択
3.メニューボタンを押下して設定

 F100fdでも、メニューボタンの長押しによる「撮影メニュー」へのショートカットはあったが、露出補正ごときでボタン長押しはないだろう。ホワイトバランス修正も、いちいち「撮影メニュー」に入る必要があった。こうしたUI設計からは、ユーザにこれらを触らせたくなかったと受け取らざるを得ない。

 F200EXRでは世間なみに戻っている。露出補正にはキーが割り当てられ、ホワイトバランスも「フォトモード(F)」押下時のメニューから選択できるようになった。

Nec_0121r


 F100fdでは、ここからは感度、AF速度、ピクセル数の変更など不要不急の設定しか呼び出せなかった。なので、"F"ボタンを押した覚えはほとんどない。必要な機能はメニューボタンを長押ししなければ出てこなかった。そのせいで、F200EXRに乗り替えた今でも、ついメニューボタンを長押ししてしまう。F100fdのUIは、なんであんなになっちゃったんだろうな。

Jan 29, 2010

FUJIFILM Finepix F100fdからF200EXRに買い替えた

Nec_0113r

 Finepix F100fdからF200EXRに買い替えた。なんだか、やっちゃったねえ、という感じだが。F100fdの操作性の悪さに苦しめられているところに、F200EXRが1万6千円台まで落ちているのを見てしまったのが運の尽き。ちょっと迷ったがあっさり購入を決めてしまった。

 ところで、この値段は一年前のF100fdより安い。露出補正すらままならないF100fdが叩き売られるのは当然としても、改善を図ったF200EXRがさらに安値で叩かれるのはいささか残念に思う。ボディデザインを継承したのが良くなかったのだろうか。F100fdは自動化志向が強く、露出補正もままならないのに対し、F200EXRはユーザが絵作りに介入しやすいカメラだ。まったく方向性が違うカメラを、同じ器に押し込んだのが間違いだったのかもしれない。


【新製品レビュー】富士フイルム「FinePix F200EXR」
 外観や搭載レンズは、前モデルのF100fdを踏襲しているが、実際にはかなり大きな進化を遂げているのがわかる。いや、「進化」というより「転換」というべき変化かもしれない。確かに、スーパーCCDハニカムEXRとEXRモードの搭載は大きな進化といえる。だが、そうした新しい技術を「自動化」ではなく「撮影者の意図を反映させる」方向へと転換させた点を高く評価したい。


 発売前の新製品レビューでもこのように評価されていた。使ってみればF100fdからの方向転換は明らかなのだが、それを訴求し切れなかったようだ。GRやPowershot S90はマニュアル撮影のしやすさをボディデザインで表現している。絵作りの幅が狭いコンパクトカメラに、マニュアル撮影モードが必要か疑問だが、それくらい強いメッセージを発信しないと作画の自由度を求めるユーザ層の目に留まらないのが現実なのだろう。


FUJI Finepix F100fd購入、相対的には良(Jan 15, 2009)

FinePix F200EXR発表、UIの改善は羨ましい(Feb 04, 2009)


FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F200 EXR シルバー FX-F200EXRS
FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F200 EXR シルバー FX-F200EXRS

Jan 25, 2010

Braun series7

 ひげそりを買い替えた。
 プラズマテレビを買ったときのエコポイントが到着したので、早速使った次第。

プラズマテレビを買った(Dec 29, 2009)

 購入したのは、BRAUN series7。これまで使っていたのは、Syncro System SmartLogic 7000 series。2002年6月購入なので、7年半にもなる。さすがに摩耗が著しく、騒音、振動が激しくなってきた。エコポイントが入ったのを機会に新しいものに買い替えた。

Dscf4095r

 購入時期がこんなに離れているにもかかわらず、洗浄用カートリッジが使い回せるあたりは、さすが。シェーバー本体はというと、まあよく剃れること。駆動部だけでなく、網刃、内刃も限界以上に摩耗していたのだろう。極端なはなし、ひげそりの時間は半分になった。肌への負担も低い。これだけ快適になるなら、もう少し早く買い替えても良かったなあ。

ブラウン メンズシェーバーBRAUN シリーズ7 760CC-3(ブラウン)
ブラウン メンズシェーバーBRAUN シリーズ7 760CC-3(ブラウン)

Jan 15, 2010

非通知ワン切りも「解決」

 ソフトバンクケータイにつきものの「非通知ワン切り」、一ヶ月に一回程度、深夜早朝を問わずに非通知設定の着信があるというものだ。国産端末ならば拒否設定はできるが、着信お知らせのLEDは消せない。LEDの点滅を見て、電話があったのかと開いてみたら非通知ワン切りだった、そんなことが毎月いちどはあるのだから、げんなりする。ソフトバンクを使う限り無視するほかなかったが、docomoにMNPしたらかかってこなくなった。

遊手徒食; メインのケータイをドコモに変更(Dec 13, 2009)

 MNPから一ヶ月経過したが、非通知ワン切りはかかってきていない。もっとも有効な非通知ワン切り対策は、ソフトバンクやめることだった。

 この回線はNokia E61を使うためにauからSBMにMNPでポートインしたものだ。SBMに変えたとたんに非通知ワン切りがかかってきた。X01NKが不具合修理不能、返品となったことでSBMからdocomoにポートアウトしたら非通知ワン切りがなくなった。ポートインと同時にタイムラグなしにワン切りが始まり、ポートアウトとともなくなる。ワン切り発呼時に顧客DBを参照している疑いが強い。そこまでではないとしても、SBM自身が深く関与しているのは間違いないだろう。

遊手徒食; 足掛け9ヶ月、X01NKの不具合問題がようやく決着(Aug 10, 2009)
遊手徒食; iPhone 3G購入(Apr 13, 2009)
遊手徒食; 非通知ワン切り対策ならず(Aug 16, 2008)
遊手徒食; 二度目の非通知ワン切り(Jun 22, 2008)
遊手徒食; さっそく非通知ワン切りがかかってきた(Jun 19, 2008)
遊手徒食; ソフトバンク回線への非通知ワン切りが鬱陶しい(Mar 17, 2008)

Jan 11, 2010

ケータイのソフトウェアアップデート

 年末から使っているN-02A、SDカードまわりで不具合が出ている。microSDカードをMacで読み取ったあとケータイに戻すと、カードを認識しなくなる。windowsでは、読み取るだけなら問題ない。

N02a_sd1

 こうなると、microSDチェックディスク(Menu→Lifekit→microSD→機能→microSDチェックディスク)が必要になる。チェックディスクをかければ元に戻るが、毎度のことなので面倒だ。N-02AはBluetoothがあるもののOPP(Object push profile)には対応していない。写真をMacに移すたびにチェックディスクをかけることになる。docomoのサポート情報を調べたところ、ソフトウェアアップデートが何回かあったことがわかった。
 
N-02Aのソフトウェアアップデート情報

 N-02Aは、2008年12月、2009年2月、9月の三回、アップデートされている。手持ちの端末はいつの製造だろうと電池を外して製造番号ラベルを見てみたら、なんと2008年11月。発売されたのが2008年11月28日なので、この個体は初期生産分の売れ残りということだ。

Dscf3327r さっそくアップデートしてみた。およそ30分かかる。ボタン操作へのレスポンスが少し改善したようだ。しかし、Macで読み出すと毎回チェックディスクを求められる現象は解消しなかった。しょうがないので、SDアダプタのライトプロテクトスイッチを入れた状態でスロットに差すことにした。とりあえずの問題の回避にはなる。
 OSXはユーザによるファイル操作がなくても、メディアを差した段階で管理情報の不可視ファイルを書き換えている。それがN-02Aにはお気に召さないのだろう。面倒なことだ。

Jan 09, 2010

OSX 10.6 Snow Leopard用 LIPS IV簡易ドライバ公開

 手持ちのレーザプリンタLBP-1820のOSX 10.6用ドライバが公開された。

Canon LIPS4 簡易版 Printer Driver & Utilities for Macintosh Version 1.00(Update:2010.1.7)

 簡易版って何だよ、とは思うが、とにかく印刷できるようにはなった。OSリリースから4ヶ月ちょい、プリンタが使えないのは痛かった。OSのアップデートは、リリース後半年は控えた方が無難なんだろうな。半年待ってしまうと、アップデートするだけのモチベーションがなくなっていそうだけど、必要に迫られるまでアップデートはしないのが正解かも。

遊手徒食;OSX 10.6 Snow Leopard導入)(Aug 30, 2009
遊手徒食;2010年対応予定ですか…(Sep 16, 2009)

« December 2009 | Main | February 2010 »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ