« radiko | Main | モノに歴史あり »

Mar 28, 2010

Boot Campでwindows XPを導入

Bootcamp

 引っ越しを機会にデスクトップのWindows PCを廃棄して、Windows PCはThinkpad X40だけになっていた。狭いXGA液晶と遅い1.8inch HDDでVisual studioを使うのはかなり苦しい。C++を使う必要がまた出てきたので、手持ちのMac miniにBoot CampでWindows XPをインストールしてみた。

 注意すべき点は一点だけ。「Boot Camp インストールと設定ガイド」(PDF)に明記されているが、Boot campで確保された領域をWindowsインストーラで再フォーマットすること。確保された時点でFAT32でフォーマットされているように見えるが、そのままインストールするとdisk errorでwindowsがブートしない。

 ここでしくじってインストールに手間取ったが、一度入ってしまえばcore duo 1.66GHz, メモリ2GBでのXPはしごく快適だ。しかし、windowsとOSXとの切り替えにリブートが必要なのは面倒だ。OSXにMicrosoft remort desktop connection clientを導入し、X40にリモートログインしてみてvirtual machineっぽい雰囲気を味わってみたが、これだとX40の遅さがそのまま反映されてしまう。こうなるとVM wear Fusionなり、Parallels desktopなりが欲しくなるなあ。

Rdc_mac

« radiko | Main | モノに歴史あり »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ