« October 2010 | Main | December 2010 »

November 2010 posts

Nov 18, 2010

これだから携帯電話キャリアってのは…

 docomo Blackberry bold9000のiモードメール対応がどうやら流れた。Blackberryのspモードサービス開始が発表されたが、旧機種への対応は未定とされている。Blackbery bold 9000は2008年の端末発表時に遠からず対応するとしていたが、結局対応できずに終わるようだ。

 また、auのIS01のOSバージョンアップも中止された。IS01はバージョンアップが可能とされていたが、auが見送ると発表した。1.6のまま終わる。

 ケータイキャリアはどいつもこいつも同じ穴の狢だな、と思う。二年縛りをかける一方で、売った端末の面倒は見ない。ケータイが完全に行き渡ったいま、一年に何回も新製品を出すより大事なことがあるだろう。売った端末が二年の拘束期間を全うできるだけのサポートはすべきだ。せめて、売る前に言ったことだけは、実現すべきだろう。

 これは今に始まった話ではない。smartphoneだから起きたことではなく、フィーチャーフォンともガラパゴスケータイとも呼ばれる、従来型のケータイでも起きていた。端末に不具合や使い勝手の悪さがあっても、余程の欠陥でない限り、まず修正されない。作りっぱなしの売りっぱなしなのだ。

 これがあるから、まともにケータイを買う気がしないんだよなあ。手元のケータイ、smarphoneは、投げ売りになってからの一括販売で買ったものがほとんどだ。これまでの経験から、高い値段に見合ったサポートが受けられないことはわかりきっている。とても正価で買う気になれない。

iモードメールにも対応予定——ドコモの山田社長が「BlackBerry Bold」の魅力をアピール(2008年09月29日)

スマートフォン向けサービス「spモード」を契約することで、BlackBerry端末でもiモードアドレスでメールがやり取りできる。対応機種は、 BlackBerry Bold 9700、BlackBerry Curve 9300の2機種で、旧機種への対応は未定という。
ケータイwatch; ドコモがBlackBerry向けサービス料金を値下げ、spモード対応も(2010/11/17)

KDDIは、同社広報部のTwitterアカウントにおいて、Android搭載のスマートブック「IS01」のバージョンアップを行わないことを明らかにした。
ケータイwatch; auの「IS01」、Androidのバージョンアップを断念 (2010/11/16)

Nov 13, 2010

Apple TV(第二世代)導入

 先日PS3を入手した。torneをつないでHDDレコーダとして使っている。

遊手徒食; RD-H1からPS3+torneに買い替えた(Oct 07, 2010)

 キーワードやレコメンデーションによる自動録画に対応していないが、予約済み番組の放送時間変更への追従くらいはできる。DTCP-IPによる録画データのLANへのインポート、エクスポートやBD,DVDへの書き出しもできないが、そこまでして残しておきたい番組もない。タイムシフトができれば十分なので、地上波テレビの録画では十分使い物になりそうだ、との感触を得た。

 次に、ネットワークメディアプレーヤとしても使うべく試行錯誤していた。PS3にはDLNAクライアントが実装されている。内蔵ブラウザはFlashに対応しており、Youtubeを見ることも可能だ。ところがどちらも使い勝手がよろしくない。
 DLNAクライアントは再生できるフォーマットが限られていて、DLNAサーバでのトランスコードが必要になる。しかし、DLNAサーバのトランスコード機能は相当高い処理能力が必要なようで、手持ちの環境では低いビットレートのムービーしか再生できないケースが多い。また、ファイルの検索性も良くない。サーバのフォルダ構造を直接見ることしかできずプレイリストやタグでの分類が効かない。
 Youtubeも難がある。内蔵ブラウザでアクセスすると、検索キーワードが入力できない。ブックマークレットやユーザアカウントでの「お気に入り」で対策できなくもないが面倒だ。また、SD品質での再生にしか対応しておらず、大画面で見るとすこぶる粗が目立つ。


 色々試してみたが、こりゃダメだわ、と放り出したのが先週の出来事。


 そんな折、日本でのApple TVの発売がアナウンスされた。第二世代Apple TVはOSXベースからiOSベースに変更され、HDDのローカルストレージも省略された。8GBのフラッシュメモリが入っているようだが、バッファに使われるだけでユーザから隠蔽されている。リソースの切り下げで8,800円と安価になり、この値段ならiTunesのライブラリがテレビで見れるだけでもモトは取れる。PS3やactvilaに落胆していたこともあってApple storeに並ぶと同時に注文を入れた。待たされるかと思ったが土曜日には到着した。

Img_2174r


 PS3でのストレスがほぼ全て解消している。iTunesのクライアントとして動作するので、プレイリストやジャンル等での分類が可能だ。YoutubeはHD品質で見られる。赤外線リモコンでは日本語入力ができず、Youtubeで日本語タイトルの検索ができないが、iPhoneの"Remote"で日本語入力ができる。iPhoneをリモコンにするとWi-Fi経由でコントロールするので赤外線リモコンのようにApple TVに向ける必要がないのも便利だ。Remoteアプリ上でライブラリのブラウズもできるので、Apple TVからの光出力をオーディオに繋いでおけば、音楽を流すだけならテレビをつけておく必要もない。AirPort ExpressによるAirtunesと同じことができる。

 iTunesで音楽やムービーを管理しているなら、Apple TVは買いだと思う。


 ひとつ注意が必要なのは、附属する赤外線リモコンはMacに添付されていたApple remoteそのものだということ。Apple TVとMacが同じ部屋に同居していると、リモコンでの操作に両方が反応してしまう。これを避けるにはペアリングが必要だ。Bluetoothのペアリングとは異なり、ホストとクライアントを1:1対応させるわけではない。Apple remoteには白いプラ製の第一世代からユニークIDが振られている。「ペアリング」なしではUIDを無視して全てのApple remoteの操作を受け付けるが、「ペアリング」すると、Apple TVやMacはそのUIDのApple remoteの操作しか受け付けなくなる。Mac添付のApple remoteがあれば、それとペアリングすれば、Apple TVのApple remoteによる誤作動は防げる。

 ペアリングするには、Macの受光部にApple remoteを近づけ、「メニュー」と「次へ/早送り」ボタンを同時に 5 秒間押し続ける。Macにチェーンのアイコンが表示されれば、ペアリングが成立している。

 もしくは、リモコンの受信機能をカットするかだ。これは、システム環境設定→ セキュリティ→ 一般で、「リモートコントロール赤外線レシーバを無効にする」を設定すればよい。

Apple Apple TV MC572J/A

Apple Apple TV MC572J/A

« October 2010 | Main | December 2010 »

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ