« Bluetoothヘッドセット、Jabra BT8040からPlantronics Discovery 975に買い替えた | Main | 松が取れましたが… »

Dec 31, 2010

2010年決算と2011年のロードマップ

 暮れも押し迫ってきたので、今年の買い物の決算と来年の展望を。

Finepix F200EXRからCanon PowershotS90に買い替えた(Feb 27, 2010)

 FinePixF100fdからF200EXRに買い換えたものの、二回連続で初期不良にあたって、Powershot S90を選んだという、いきさつがあった。S90は良くも悪くも優等生的で、背面電子ダイアルのユルさを除くと欠点らしい欠点がない。しかし、はまったときの色表現はF100fdやF200EXRの方が華やかだった。S90は大きく外すことは少ないが、大当たりもしない感じ。極小撮像素子のコンパクトデジカメのように、酷い絵を出すわけではないので、悪くないカメラだと思う。しかし、すごく良いわけでもないと感じている。後継機のS95で電子ダイアルが改善されたり、不自然な電源ボタンの位置が変更されている。これらハードウェアの変更は仕方ないにしても、マルチアスペクトやHDR、Eye-Fi連携機能などソフトウェアで対応出来る機能が旧機種に反映されないのは残念だ。まあ、ソフトウェアアップデートに消極的な日本製品だし、仕方ないな。

イー・モバイルからUQ WiMAXに乗りかえた(Apr 06, 2010)

URoad-7000雑感(Jul 10, 2010)

 イー・モバイルからUQ WiMAXに買い換えた。乗り換えを検討している人が多いようで、最近の当サイトの検索フレーズランキングは、いつもこんな感じだ。

Phrase 2010年12月30日のランキングがこれだ。この機会にイー・モバイルとUQ WiMAXについて、現状をまとめておこう。WiMAXのサービスエリアはかなり充実し、地下街、地下鉄を除けば、都市部での利用に支障はなくなっている。速度も十分早い。URoad7000は電波状態を赤、黄、緑で表すが、黄色でも1Mbpsから5Mbps程度は出る。緑なら10Mbps近く出る。帰省して家族のイー・モバイルを借りたところ、400kbpsも出なかった。今年4月に私が解約した頃より速度が落ちている。1Mbpsがめったに出なくなったことで乗り換えを決意したのだが、さらに遅くなっているとは。エリアの折り合いさえつけば、WiMAXに乗り換えるべきだろう。

 問題点を挙げるならば、郊外のエリアだ。UQは都市部の不感帯対策を優先しているようで、基地局数の伸びの割に郊外のエリア化が遅い。携帯電話と違ってBWAは速度が必要だ。速度も出ないような薄いエリア展開をされるよりは、このような需要の多寡に合わせたメリハリの効いた展開の方が適切ではある。このため都市部が充実する反面、郊外はやや手薄になっているようだ。自宅の回線もWiMAXで賄おうと考えているなら、エリアへの注意が必要だ。


日本版iPad WiFi+3Gに落胆して、Kindle 3G+WiFiを買った(Sep 12, 2010)

iPhone3GからIS01に買い替えた(Oct 17, 2010)

 iPadやiPhoneは魅力的だけど、ソフトバンクの回線しか使えないならいらないよという話。WiMAXルータを使うことで一応の実用性は確保できるけれど、使わないつもりの回線契約を結ぶのはアホらしい。以前のように維持費1,000円程度で済むならば、家族用の8円ケータイを組み合わせて、定額通話用に持っておく手があったが、ホワイトプランの実質値上げでそれもできなくなった。

 ことし、ソフトバンク回線は月月割が切れる時点で順次解約し、定額通話用の回線はauに切り替えた。放っておくと両方で988円づつかかることになるからだ。
 SBMからauに切り替えたことで、通話品質がかなり良くなった。SBMでは片通話になったり、デコードエラーで相手の声が全く聞き取れなくなることがかなりの頻度で起きていたが、auに乗り換えたことでこれらのストレスから解放された。。電話としてはauの方がずっとまともだ。通話品質の低さ同様、通信の品質も低い。都市部では通信速度が非常に遅く、ページの読み込みにやたら時間がかかる。速度を測ってみると、100kbpsを切ることが珍しくない。こんな低品質の通信サービスに、4,410円はとても払えない。

 10月には安売りされていたIS01を買ったが、端末の出来ではiPhoneの水準にとても追いつけていない。スペックシートで「できること」を並べれば、およそ同じようなことができるのだが、タッチパネルでの操作はiPhoneの方が明らかに快適だ。よく、「iPhoneの方がタッチパネルの精度がいい」と、形容されるが、ハードウェアの分解能自体はあまり変わらないだろう。違いがあるのはソフトだ。タッチパネルの入力からユーザの意図を汲み取るところにノウハウがあるようだ。Androidもバージョンを重ねるごとに改善されているが、まだまだだ。1.6ではタッチよりもトラックボールの方が快適なくらいだったので、良くなってはいるのだが。

 とはいえ、windows mobileとくらべれば、Androidは余程よく出来ている。ネット端末としてiPhoneの代替になりうるだろう。問題はメディアプレーヤだ。Androidには大量の楽曲を快適に扱えるプレイヤーが見あたらず、PCとの連携が弱いので大量の楽曲の管理にも難がある。Androidをネット端末にすると、iPodが別途必要になってしまう。iPhone3Gは来春、iPhone for every bodyの満期を待って解約する。その先をどうするかが悩ましい。

iPhone 3G購入(Apr 13, 2009)


RD-H1からPS3+torneに買い替えた(Oct 07, 2010)

 来年7月にはアナログテレビ放送が停波する。アナログ専用のRD-H1での録画にも、それほど不満は感じていなかったが、番組冒頭の地デジに変えろ、変えろとのメッセージに根負けしてtorneに入れ替えた。もともとあまりテレビを見ていなかったので、大して活用はできていない。12月にはtwitter対応のバージョンアップがあった。リリース前には期待があったが、出てしまえばそれほど印象に残らなかった。そもそもclip-onを買ってから10年余、リアルタイムでテレビを見ることがなくなっている。テレビ番組を通じて「いま」を共有したいという気持ちがないのだ。


 さて、まもなく年が明ける。来年は紙をどうにかできればいいなあ。文庫本なら、kindle3で十分読めることが確認できている。電子ペーパーは実用域に達した。ここまでくれば、あとは時間の問題だ。A4サイズの書類がそのまま表示できる電子ペーパーが手頃な値段になるのを待って、手元の紙の処分をはじめたい。

« Bluetoothヘッドセット、Jabra BT8040からPlantronics Discovery 975に買い替えた | Main | 松が取れましたが… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ