« b-mobile Fair乗り換えで、ノートのアクセス回線を見直した | Main | NM705iでは「Xiカケ・ホーダイ」が使えないらしい »

Nov 28, 2011

メインのケータイをNokia NM705iに変更した

 L-04Bに変えて半年しか経っていないが、またケータイを変えてしまった。docomoに乗り換えて以来、三台目の端末だ。ソフトバンクからMNPでポートインして最初のN-02Aが2008年11月28日発売、二台目L-04Bが2010年6月25日発売、こんどのNM705iは2008年3月19日発売なので、これまででいちばん古いケータイに先祖返りした形になる。

Img_4707r

FOMA NM705i サポート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

 N-02Aはワンセグ、おサイフケータイに対応していたが、L-04Bへの買い替えでワンセグがなくなり、NM705iへの買い替えでおサイフケータイもなくなった。機能的にはどんどん退化している。それでも買い替えたのは、L-04Bの質の悪さに嫌気が差したからだ。


 メインのケータイには、元々多機能を期待していない。主たる連絡先として、通話とケータイメールが確実に受けられればいい。それには従来型のケータイの方が向いている。ソフトのハングアップでの着信不能はまずないし、バッテリの消費やパケットの使用高もだいたい予想の範囲に収まる。

 一方smartphoneは多機能だが、確実性を求める用途には向いていない。発展途上のデバイスで信頼性が高くないからだ。ふとした拍子にハングアップしたり、電池を使い切ったりする。メインの連絡先にするのは怖い。OSのバージョンアップで徐々に改善されてはいるのだが、ここにまた別の問題が生じる。


 OSバージョンアップが早いということは、陳腐化も早いということだ。端末がOSバージョンアップに何度も追従できれば良いのだが、現実的には一度か二度で終息してしまう。一度もバージョンアップできなかったシャープのIS01やLYNX SH-10Bは極端な例としても、GALAXY tabに3.xや4.xへの二度目のアップデートがあるかは疑わしい。おそらく2.3へのバージョンアップが最後だろう。将来4.0デバイスが主流になれば、現在のIS01がそうであるようにGALAXY tabで使えなくなるソフトが続出するはずだ。


 そんなわけで、今のところは通話とケータイメール専用の従来型のケータイとsmartphoneの二台持ちがベターだと思う。ややこしい機能はsmatphoneに振って、ケータイは通話とケータイメールがストレスなくできればそれでいい。後述するが、海外に持ち出す際もローミングさせる音声端末と、プリペイドSIMを使うデータ端末は分けておいた方が便利だ。

 ところがL-04Bは通話品質が低くソフトの使い勝手も悪かった。スピーカーユニットがいまいちなのかボディの作りが悪いのか、最大音量が不足しているのに加えて音質も平板で聞き取りにくい。また組み込みソフトも肌に合わなかった。この端末はドコモの共通プラットフォームを利用しているようで、UIにはNECのテイストがある。元々NのUIが好きでないこともあるが、気が利いているな、と感じさせられることが全くなかった。

Img_4713r ここ半年ほどはGALAXY tabとL-04Bの韓流端末コンビを使っていた。L-04BはともかくGALAXY tabは使い勝手に不満はなかったのだが、如何せんボディが大きすぎる。この大きさのおかげでAndroidの割には電池に苦労せずに済んだのだが、PCとくらべると大きい割にできないことが多すぎる。これ一つ持って出張に出かけるのは無理だ。結局ノートも必要になる。MacBook Airと一緒にGALAXY tabを持ち歩くのは辛いので、もう少し小さいsmartphoneを求めて香港でSIMフリー版iPhone4を買った。サイズの小ささに加え、海外で使うときにコストの安い地元のプリペイドSIMが使えるのが魅力だ。日本のキャリアのパケットローミングは一日3,000円近く取るが、プリペイドSIMなら1/10のコストでネットが使える。

 ドコモ端末なら、SIMフリー化することで現地のプリペイドSIMが使えるが、docomoのSIMと差し替えになる。データは安いが、通話ローミングが使えないので国際着信転送サービスの併用が必要になる。プリペイドSIMの電話番号がわかってから日本に電話をかけて、転送先を登録しなければならない。音声ガイダンスを使っての設定になるのでやや面倒だ。着信頻度によるが、ローミングの方が間違いが少ないように思う。無理に一台にまとめるよりも、音声ローミング用のケータイと、現地SIM用のデータ端末を二台持ちする方がシンプルだ。


Img_4711r_2 iPhone4に乗り換えたのは、smartphoneで出来ることは限られるという割り切り(もしくは諦め)ができたからだろう。PCのかわりにならないなら、PCと一緒に持ち運ぶことを考えなければならない。3.5インチスクリーンのiPhone4は7インチのGALAXY tabとくらべて面積で1/4で済む。ただ、iPhone4は電池のもちが良くないので、ヘビーに使うと電池が一日もたず、外部バッテリが必要になる。トータルでの荷物のカサはあまり減っていないかもしれない。


遊手徒食; ケータイも機種変更。N-02A→ L-04B (Apr 03, 2011)

遊手徒食; メインのケータイをドコモに変更(Dec 13, 2009)

 

« b-mobile Fair乗り換えで、ノートのアクセス回線を見直した | Main | NM705iでは「Xiカケ・ホーダイ」が使えないらしい »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9628/53357630

Listed below are links to weblogs that reference メインのケータイをNokia NM705iに変更した:

« b-mobile Fair乗り換えで、ノートのアクセス回線を見直した | Main | NM705iでは「Xiカケ・ホーダイ」が使えないらしい »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ