« August 2012 | Main | October 2012 »

September 2012 posts

Sep 20, 2012

iOS6の「マップ」は実用にならない状態

Img_2057_2 20120920_214200

 本日配布されたiOS6で、AppleはGoogle mapsから自社制作の地図に切り替えた。この地図は開発者向けプレビューで、情報量の少ないスカスカの地図だと酷評されていたものだ。リリース版での改善が期待されていたが、さしたる改善が見られないまま見切り発車されてしまった。

 左がiPhone4, iOS6.0の「マップ」、右がhtc EVO 3D, Android 2.3.4でのGoogle Maps、どちらも「京都駅」の検索結果だ。iOS6の地図には駅も鉄道路線も表示されない。かといって道路標示が充実しているわけでもない。国道、県道番号はしつこく示されているが、拡大していっても交差点の名前が出てこない。iOS5までのGoogle mapsとくらべても地図の実用性は大きく損なわれている。

ケータイwatch;「iOS 6」ファーストインプレッション 地図アプリが大きく変わった最新のiOS)(2012/9/20 11:30)

 元々iOSのマップはAndroidにくらべて低機能だった。データはラスターベースでダウンロードが遅く、マイマップへの対応もない。旅行前の下調べとしてPCで地図に目印を打っておき、出先でiPhoneで参照するのは面倒だった。アプリが対応していないのでブラウザから見るしかない。地図のスクロールや拡大縮小がぎこちなく、使い勝手が悪かった。旅先で地図を見ることにかけては、以前からAndroid端末の方がずっと使いやすかった。

 iPhoneユーザとしては、一刻も早くGoogle mapsアプリが欲しいところだが、Googleがどう出るか。
 Appleの「マップ」がここまで酷いと、Googleは競合を心配する必要が無い。むしろiOSユーザに地図の質の悪さを味わわせた方がプラットホーム競争上有利になる。日常持ち運ぶsmarpthoneでは、デジタル地図は通信回線に次いで重要なリソースなだけに、質の劣化がユーザビリティに大きく影を落とす。

Tech Crunch Japan; Googleが向こう半年iOS 6ネーティブのマップ・アプリを出さない方がいい理由―Appleの地図にはがっかりだ(by Drew Olanoff on 2012年9月20日)

 この記事が言うように、しばらくiOS対応のGoogle Mapsアプリが出てこない可能性が十分にある。Googleとしては敵失に乗じるのが上策だからだ、

 iPhone5のハードにあまり興味がなかった上、iOS6がこうではiPhoneを買い替える気が失せる。今度の買い替えでは、メインのsmartphoneはAndroidに切り替えようかと考えている。

Sep 18, 2012

iPhone5に買い替えるならキャリア版でいいや

ケータイwatch; アップルが「iPhone 5」発表、日本で9月21日発売

 iPhone5が発表された。ハードウェアは順当なアップデートでしかなく、これといって新味は感じられない。買い替えるかどうかはiOS6の出来次第になりそうだ。

 iPhone4はわざわざ香港でSIM free版を買ってきたにもかかわらず、iPhone5にそこまでする気になれないのには、ふたつ理由がある

遊手徒食; iPhone4導入(4Sではありません)(Oct 16, 2011)

 まず、iPhone4SからKDDI網で使えるようになったこと。
 iPhone4の購入当時、日本での取り扱いキャリアはソフトバンクのみだった。iPhone 3GでSBM網の通信速度の遅さ、圏外の多さに呆れ果てていたので、iPhone4をソフトバンクから買う気は全く起きなかった。KDDIの参入でここはクリアできた。それでもSIMフリー版にはdocomo 3G網利用のMVNOが使える魅力は残っているが、LTEへの対応がはっきりしない。Xiが使えるかどうかがわかるまでは態度保留となる。

KDDIのiPhone 5はテザリングに対応、ソフトバンクは割引で勝負


 次に、iPhoneではSIMフリーにあまり意味がないことがわかったからだ。
 iPhoneはたとえSIMフリー版でも。差したSIMを発行しているキャリアがSIMロック版に課している機能制限がそのまま適用される。たとえば、香港Hutchison、"3"のSIMを差すと「インターネット共有」の項目が消え、テザリングができなくなる。SIMフリーiPhoneをSBMで使うような馬鹿なことはしないだろうが、SBMのSIMを差すと同じ挙動になるはずだ。SBMがSIMロック版に課している制限が、SIMフリー版にも適用されてしまう。

 一部の機能が使えないならまだましで、キャリアによってはプリペイドSIMでのiPhoneの利用を認めていないところすらある。米AT&Tのプリペイドサービスである"go phone"はiPhoneでの利用を認めていない。契約上禁止となっているだけでなく、go phoneのSIMはiPhoneのIMEIではアクティベーションができない、APN設定の項目が消えてデータ通信の設定ができないなど、いわゆる技術的保護手段がいくつもついている。他の携帯電話を使ってアクティベーションしたり、webサイトから3Gプロファイルを拾ってくることで回避することができなくはない。

AT&T GoPhone/プリペイドSIMをiPhoneで使う場合のアクティベーションの方法

 しかしこのように、相当に面倒な手順を踏むことになる。
 今回はSIMロックを外したAndroid端末を別に持っていって、滞在中ずっとこれだった。Ala MoanaのSearsにあるAT&Tショップで、いわゆる普通サイズのプリペイドSIMを買ってきた。SIMをマイクロSIMのサイズにカットすればiPhoneでも使えただろうが、滞在中の貴重な時間をケータイ弄りに使う気になれなかった。旅行中よく使うGoogle mapsのアプリはAndoridの方が高機能なこともあって、敢えてiPhoneを使う必要もなかった。


 さらにLTEは各国で周波数がバラバラで、いまのところ3Gの2100MHz帯のような国際バンドが確立していない。LTE端末はまだまだ他国で使える状況になっていないのだ。iPhone5はLTEによって混雑した3G網を避けられるところにメリットがあるので、LTEが使えないでは意味がない。


 そんなわけで、海外で使うためにSIMフリーiPhoneを買う必然性は、ほとんどなくなった。そういう用途には3GのSIMフリーAndroid端末があればいい。iPhoneを買うとしたら国内専用になる。それならキャリア版のSIMロック端末で十分だ。

Sep 07, 2012

Powershot S90売却

 同じようなデジカメが二台あっても仕方ないので、S90は手放すことにした。

 Yahoo!オークションでの落札相場は1万円前後の模様。ソフマップの買取上限額は8,500円だった。二年間使って5,000ショットは撮ったカメラだし、結構買い叩かれるだろうなと思いつつ持ち込んでみたのだが、思いがけず満額での買取となった。

 差額が3,000円もないなら手間をかけてオークションで売ることもないよなあ。Yahoo!プレミアムやら、落札システム利用料やらがかかるので、実際の差額はさらに少額になる。2,000円くらいじゃ手間賃にもならない。

 ヤフオクからは遠ざかって久しく、売りたいものがある時にYahoo!プレミアムを付ける程度だったが、こういう状況だとさらに足が遠のきそうだ。だって売るのも買うのもめんどくさいもの。面倒に見合った買値の安さ、売値の高さがないでは使わなくもなるよ。

Sep 02, 2012

いまいちな出来のPowershot S100のGPS

P9021607r

 測位完了までけっこう待たされる感のあるPowershot S100のGPS、実際にはどれくらいの時間で測位しているのか調べてみた。

 最後に測位してから一日以上が経った状態で全天が見渡せる場所に置き、測位完了のアイコンが出るまでの時間を測った。結果は1分30秒。思ったより早い。撮影時にはもっと待たされている印象があるが、測ってみるとこんなものか。ただ、デジカメの電源を入れて1分半立ち止まって測位完了を待つ、というのは結構苦痛ではある。iPhoneではA-GPS等によって、取り出してすぐに撮った写真にもGeotag(位置情報)がつく。これが普通になってしまっているので辛いところだ。

長期試用リポート:「PowerShot S100」第2回――スナップ用カメラにこそGPSが欲しかったのだ - ITmedia デジカメプラス

 初期測位が完了する前に歩き出してしまうと、この記事のように最初の20分、30分にはGeotagが付かないなんてことになる。

P9021610r 一般的に、GPS受信機が移動すると初期測位が遅くなる。手持ちのholux M241でも静止していれば2分以内に初期測位が終わるが、その前に歩き始めてしまうとログの記録がはじまるまで10分以上はかかってしまう。


 記事中ではGPSログ機能をオンにした状態で測位完了まで30分かかっている。「データロガー機能」をオンにして、測位のリトライを続けてこれだ。この機能は電池の消耗が激しいので僕はオフにしている。これだと測位のチャンスは撮影スタンバイの時しかないので、いつまでたっても写真にGeotagが入らない状況が起こりうる。

 いったん初期測位されてしまえば、Ephemerisが保持されていれる間は、電源を入れてすぐにGeotagが付くようになるのだけどね。S100のGPSを生かすには、初期測位ができているかの確認は必要だ。GPSロガーほど放りっぱなしにできない。そんわけでイマイチな出来ではあるけれど、それでもあったほうがいいと僕も思う。

Tedious Days More×3 : 万能多機能だけど、まだまだ改良の余地あり PowerShot S100 ファーストインプレ《2》(December 17, 201121:51 by だぶる☆えっち)

« August 2012 | Main | October 2012 »

blog内検索


ad

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ