« iPhone5に買い替えるならキャリア版でいいや | Main | 海外で使うならiPhoneよりAndroid »

Sep 20, 2012

iOS6の「マップ」は実用にならない状態

Img_2057_2 20120920_214200

 本日配布されたiOS6で、AppleはGoogle mapsから自社制作の地図に切り替えた。この地図は開発者向けプレビューで、情報量の少ないスカスカの地図だと酷評されていたものだ。リリース版での改善が期待されていたが、さしたる改善が見られないまま見切り発車されてしまった。

 左がiPhone4, iOS6.0の「マップ」、右がhtc EVO 3D, Android 2.3.4でのGoogle Maps、どちらも「京都駅」の検索結果だ。iOS6の地図には駅も鉄道路線も表示されない。かといって道路標示が充実しているわけでもない。国道、県道番号はしつこく示されているが、拡大していっても交差点の名前が出てこない。iOS5までのGoogle mapsとくらべても地図の実用性は大きく損なわれている。

ケータイwatch;「iOS 6」ファーストインプレッション 地図アプリが大きく変わった最新のiOS)(2012/9/20 11:30)

 元々iOSのマップはAndroidにくらべて低機能だった。データはラスターベースでダウンロードが遅く、マイマップへの対応もない。旅行前の下調べとしてPCで地図に目印を打っておき、出先でiPhoneで参照するのは面倒だった。アプリが対応していないのでブラウザから見るしかない。地図のスクロールや拡大縮小がぎこちなく、使い勝手が悪かった。旅先で地図を見ることにかけては、以前からAndroid端末の方がずっと使いやすかった。

 iPhoneユーザとしては、一刻も早くGoogle mapsアプリが欲しいところだが、Googleがどう出るか。
 Appleの「マップ」がここまで酷いと、Googleは競合を心配する必要が無い。むしろiOSユーザに地図の質の悪さを味わわせた方がプラットホーム競争上有利になる。日常持ち運ぶsmarpthoneでは、デジタル地図は通信回線に次いで重要なリソースなだけに、質の劣化がユーザビリティに大きく影を落とす。

Tech Crunch Japan; Googleが向こう半年iOS 6ネーティブのマップ・アプリを出さない方がいい理由―Appleの地図にはがっかりだ(by Drew Olanoff on 2012年9月20日)

 この記事が言うように、しばらくiOS対応のGoogle Mapsアプリが出てこない可能性が十分にある。Googleとしては敵失に乗じるのが上策だからだ、

 iPhone5のハードにあまり興味がなかった上、iOS6がこうではiPhoneを買い替える気が失せる。今度の買い替えでは、メインのsmartphoneはAndroidに切り替えようかと考えている。

« iPhone5に買い替えるならキャリア版でいいや | Main | 海外で使うならiPhoneよりAndroid »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9628/55705844

Listed below are links to weblogs that reference iOS6の「マップ」は実用にならない状態:

« iPhone5に買い替えるならキャリア版でいいや | Main | 海外で使うならiPhoneよりAndroid »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ