« 台湾でiPad mini cellularを使う | Main | Mac mini (mid 2011)をFusion drive化 »

Apr 15, 2014

二台持ちのケータイを「カケホーダイ」に切り替えるのはアリかも

ドコモが通話定額を軸にした新料金プラン、 「カケホーダイ&パケあえる」を発表した。

ドコモが新料金プラン、通話定額やデータシェアをラインナップ- ケータイwatch


今さら通話します?

 長年通話料の高止まりが続いたことから多くの人が通話を控える傾向にあり、これまでほとんど使っていなかった通話が使い放題になったところでメリットを感じない、基本料金の値上がりでしかないとの声が上がっている。

 僕も最初はそう思った。パケットパックの割高感が強いこともあって、第一印象はかなり悪かったが、カケホーダイについてはケータイで使うぶんにはアリかもしれない。

 携帯電話向けの「カケホーダイプラン(ケータイ)」は、二年契約で月額2,200円だ。FOMAのタイプSバリューは二年契約で月額1,500円で、55分の無料通話が付いてくる。タイプSバリューに700円足せば通話時間の制限がなくなるわけだ。そう考えると検討の余地がある。
 スマホシフトが進むことで日々iモードメールの必要性が薄れてきており、遠からずケータイ側のデータ通信契約を切ることになるかもしれない。そうすると、iモードの300円とパケホーダイダブルの下限額の372円が浮く。これを振り向ければ「カケホーダイ」に切り替えてもほとんど負担は増えない。

 934円のタイプSSバリューや、743円のタイプシンプル バリューで済んでいた人には通話定額なんて無駄でしかないが、それなりに通話を利用していたタイプSの契約者なら、定額になるメリットがある。また、スマホだけではなく、ケータイでも通話定額が得られる点はメリットだろう。従来タイプSの契約者なら検討しても良いのではないか。


ホンモノの通話定額の登場

 さて、今回ドコモから本物の通話定額プランが提供されることで、ソフトバンクの「スマ放題」が提供されないままお蔵入りになるかもな。あちらは通話時間5分を越えたら青天井、通信量2GBを越えたら青天井で、定額でもなんでもないものなのに、いかにも使い放題のように謀っている。ところがホンモノの通話定額が出てきたことで、仕込んだ引っかけが露呈してしまった。不評を受けて多少の改善を打ち出してきたが、かつての「ゴールドプラン」の二の舞になるかもね。

« 台湾でiPad mini cellularを使う | Main | Mac mini (mid 2011)をFusion drive化 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9628/59490857

Listed below are links to weblogs that reference 二台持ちのケータイを「カケホーダイ」に切り替えるのはアリかも:

« 台湾でiPad mini cellularを使う | Main | Mac mini (mid 2011)をFusion drive化 »

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ