« Mac mini (mid 2011)をFusion drive化 | Main | Powershot S100とXZ-2、テレマクロの画質比較 »

Jul 15, 2014

今さらながらOLYMPUS XZ-2購入

Xz2_s100

 ここしばらく、コンパクトデジカメはcanonのPowershot S100を使っていた。これがまた、可もなく不可もなくという出来で、大きく裏切られることは少ないけれど、思った以上にいい絵が出てくるとこもない。先々代のS90が良かっただけに、期待を裏切られた印象が強い。


S90からS100への買い替えは失敗だった

 世間でのS100の評価は悪くないのだが、どうも僕にはしっくり来なかった。それは先々代のPowershot S90を気に入っていたことと裏返しでもある。今にしてみると、S90は主に露出補正に用いる背面のコントローラーホイールにクリック感がなく、不用意に回りやすい点以外にこれといった不満はなかった。S95でここにクリック感が付加され、S100ではそれに加えて、上ボタンを押してはじめて露出補正がかかるようになった。

 僕はこれにはどうにも馴染めなかった。極めて使用頻度が高い機能なのに、一挙動で使えないことでストレスが溜まる。期待していたGPS機能も残念な出来だった。測位に時間がかかり、完了する前に動き出してしまうとそれっきりで測位失敗が続く。この春、台北を訪れた際、GPSの都合を一切考えないで普通のデジカメと同じように使ってみたら、Geotagが付いた写真は352カット中わずか24カットしかなかった。これじゃほとんど使えない。

Canon Powershot S90から Powershot S100に買い替えた: 遊手徒食(Aug 26, 2012)

 その他、望遠側のレンズの暗さと描写の甘さが気になっていたこともあって、去年秋くらいから買い換えを考えていた。XZ-2の他にはコンパクトデジカメではSONY DSC-RX100/100M2,RICOH GRあたり。また、小型のミラーレスも候補にしていた。SONY NEX-5R、Panasonic DMC-GX1あたりで、ボディのサイズは大きめのコンパクトデジカメと大差ないからだ。


納得がいくレンズを付けたミラーレスは小さくない

 しかしながら、ミラーレスはレンズを付けると途端にサイズが大きくなる。LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6のような電動沈胴レンズをもっても前方への突出は大きい。サイズに見合った画質が得られれば、それでも考慮の余地があるが、この手の薄さ優先のズームレンズに良いと思えるものが見当たらなかった。単焦点も含めると、LUMIX G 20mm/F1.7は良いと思ったが、135版換算40mm固定は結構辛いのでやめ。標準域の単焦点レンズ一本槍の使い勝手は38mm固定のCONTAX T2で経験済みだ。

もう少し画角が広い135版換算28mmのGRならば、引ききれないしんどさは減る。ただ、RICOHの渋い発色にどうも馴染めない。操作性はいいのに残念。


流行りの1型撮像素子機はテレマクロに難あり

 最後まで迷っていたのがSONYのRX100一族。100M2が出てしばらくした頃に100を買う寸前まで行ったのだが、望遠側での最短撮距離が0.5mもある。マクロは広角端でしか使えない。広角端でのマクロはパースが付きすぎて何かと使いにくい。また、ワンアクションで露出補正にアクセスできないなど、操作性への懸念が拭えなかった。S100の不満点が操作性の悪さにあたので、同じような不満を持ちそうなものを避けたいなと。


買い得感がなかったXZ-2だったが…

 じゃあXZ-2はというと、ずっと早い段階で候補落ちしていた。操作性や画質は評価していたけれど、ミラーレスのDMC-GX1とほとんど同じ大きさだもの。検討中に発表されたDMC-GL1なんてミラーレスなのにXZ-2より二回りは小さいくらい。こういうのを見ると、撮像素子が小さな割には大きすぎるとどうしても感じる。

 結局決め手なしで、しばらく出かける予定もなかったのでペンディングにしていたのだけど、XZ-2がいよいよ店頭から消える勢いでぶん投げにかかっていたので、ついつい買ってきてしまった。

 コンパクトデジカメの割には大柄なボディだけど、昔使っていたCONTAX T2と大差ないサイズ、まあなんとかなるでしょう。

Xz2_t2

« Mac mini (mid 2011)をFusion drive化 | Main | Powershot S100とXZ-2、テレマクロの画質比較 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

XZ-2買いましたか。おめでとうございます。
最近あまり気にしてなかったのですが、すごい値落ちしてますね。これなら、つい買ってしまうのもわかります。画角も一番使いそうなところだし、レンズ明るいし、バリアングル液晶だし、使い勝手はよさそうな感じですね。

すっかり遅くなってしまってすみません。
大きな撮像素子のコンパクトデジカメとの競合にすっかり負けてしまって大幅に寝落ちした感じですね。相変わらずオリンパスは商売が下手。

素子サイズはS100と同じなので画質面ではそれほど期待していませんでしたが、使ってみてレンズの良さがわかりました。切れ味が全然違います。

使ってみての難点は、電池のもちの悪さと、バッテリ充電器が付いてこない点でした。充電にはボディに専用ケーブルを差してUSB充電器に繋ぐ必要があります。デジカメとPCをケーブルでつなぐ習慣がないので、いちいち専用ケーブルが必要なことにストレスを感じます。バッテリー充電器はオプションで用意されていますが、結構高い上、USB給電で充電する仕様でかさばります。電源まわりは頭が痛いです。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9628/59984742

Listed below are links to weblogs that reference 今さらながらOLYMPUS XZ-2購入:

« Mac mini (mid 2011)をFusion drive化 | Main | Powershot S100とXZ-2、テレマクロの画質比較 »

blog内検索


ad

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ