« December 2014 | Main | March 2015 »

January 2015 posts

Jan 15, 2015

ブルーライト対策めがねを試してみたが、ゴーストがキツくてげんなり

 ブルーライト対策を謳ったPC用めがねが巷に氾濫している。ブルーライトの悪影響を訴える宣伝文句がオカルトじみているなあと思っていたが、先日めがねを新調した際、ものは試しと一本作ってみた。

 私が購入した店では「ハイコントラストレンズ」と「クリアレンズ」を選べた。購入したのは「クリアレンズ」タイプでレンズ自体は無色透明に見える。より遮蔽効果が高い「ハイコントラストレンズ」は写真用の色温度変換フィルタと同じようにレンズ自体がアンバーを帯びている。薄いサングラスのようで普段使いには難があるかと思い、「クリアレンズタイプ」を選んだ。

P1152621r

 下は通常のマルチコーティングのもの、上がブルーライト対策を謳ったものだ。青い反射光が特徴的で、これをかけていると、「ブルーライトのめがね買ったの?」とたびたび声をかけられる。


青色光の遮蔽効果を実感
 このめがねをかけると、一見して色温度が落ちるのがわかる。レンズ外の視野は青っぽく、レンズ内の視野は黄色っぽく見える。昼光色蛍光灯の照明下でレンズ内が昼白色よりも暖色に見える印象だ。めがねをかけてすぐは、視野が黄色みを帯びているように感じられるが、しばらくめがねをかけると視覚が馴染んで違和感はなくなった。


疲れ目対策に実感なし
 ブルーライトの遮蔽は体感できたが、疲れ目の緩和に効果があるかというと、今のところ実感がない。長年PCをつかった経験からは、モニタ利用時の目の疲労は輝度やちらつきとの関係が深いと感じている。色温度によって疲労感が大きく違う印象はない。たとえば手持ちのPCのなかでThinkpadのモニタは特に青みが強いが、sRGBに設定した他のPCとくらべて特に目が疲れるということはない。輝度は十分に落とせるからだろう。


不快なゴースト
 「クリアレンズ」タイプの難点はゴーストの多さだ。正面に青い反射光が出るのと同じように、眼球側にも複反射が帰る。眼球も映り込む。その中でも特に気になるのは、斜め方向の点光源によって強い青色のゴーストが出ることだ。

P1152630r  P1152631r

 同じ条件下でブルーライト対策めがねと、通常のマルチコーティングのめがねへの映り込みを比較した。斜め右方向に点光源を置いた。カメラの露出条件は揃えてある。上のブルーライト対策めがねに強い映り込みが見られる。

 このゴーストが実用上の問題になるのは夜間、屋外での使用時だ。点光源が多い夜間の運転時には視野内にたくさんのゴーストが映り込む。思わぬ方向から光を感じることが運転していてストレスになる。この件はあまり指摘されていないようだが、私はかなり不快に感じられた。

« December 2014 | Main | March 2015 »

blog内検索


ad

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ