« July 2015 | Main | December 2015 »

November 2015 posts

Nov 24, 2015

電池がもたないスマートウォッチは使ってられない

 発売から半年、Apple watchが話題に上ることはほとんどなくなった。スマートウォッチのジャンルで最大シェアをとったものの、アップルに期待されていた「再発明」ないし、革新はなかった。同社への期待感がまた少し消費され、やっぱりJobsがいないとダメだよね、という意識がまた少し広がったように思う。

 1998年のiMac、2001年のiPod、2007年のiPhone、これらAppleを復活させた3つのプロダクト(2008年のMacBook Airも入れていいかもしれない)に共通しているのは、初見での印象の良さと、潔い割り切りによる操作の見通しの良さにあったと思う。割り切りゆえに融通が利かない面もあるが、たいていの人によって使い勝手を大きく損なうものではなかった。

 翻ってApple watchはどうだろうか。一日しか電池がもたない腕時計は、僕には到底許容できないものと感じる。

ほんとに必要?:Apple Watchやめました
「Apple Watch」を発売当日にゲットしてから約半年。実は、もう使っていない。その理由は……。[今西絢美,ITmedia]


 Appleの強みは、コンセプトの明確化と、それを実現するにあたって、あと少しでものになりそうな技術を見分ける目利きのうまさにあったと思う。Apple watchではそれを明らかに外している。完全に時期尚早な技術に手を出してしまった感がある。


スマートウォッチの電力問題は来年にならないと解決しない

 少し長いが、去年末のPC watchライター陣による年末座談会を引用する。

【後藤】ちなみにうちの奥さんの場合だと、2〜3日に1回充電が必要だと使わなくなっちゃう。限度は1週間に1回くらい。普通の人に使わせるには、その辺りを考えなきゃいけない。だからNike+ FuelBandも使わなくなっちゃったし。ウェアラブルとモバイルの違いは、ウェアラブルだと常にセンサーがオンになるんだよね。だからセンサーハブの内蔵が必須になる。
【司会】それが出てくるのは?
【後藤】2015年。みんな今そういうチップを開発している。デバイスとしては2015年後半かな。だから僕はそれ待ちです。
PC Watch 後藤・山田・笠原の3氏と振り返る2014年のニュース ~4K、新VAIO、Windows無償化、Oculus Riftなど (2014/12/31 06:00)

 半導体デバイスのロードマップから考えるに、使い物になるsmart watchは2015年後半以降にならないと出てこないという。使い物になるSoCが存在しない段階で発売された初代がこういう出来になるのは明らかだったのだから、大々的に売り出すべきではなかったのではないか。GSMのみの対応で使い勝手に難があったiPhoneは、敢えてアメリカ国内のみに留めたように。


なぜ今、Apple Watch評か

Continue reading "電池がもたないスマートウォッチは使ってられない" »

Nov 08, 2015

Windows Phoneを買ってきた

Pb0837101_2 Pb0837091

 AndroidでもiOSでもなく、Windows Phone 8.1 update2というどマイナーなOSのスマホを買ってきた。AT&T版のLumia640で、Nokiaの携帯電話部門を吸収したMicrosoftの製品。SIMロックがかかっている。Windows Phoneは日本ではまったく存在感がなく、USでもないに等しい。

家電量販店などで「Windows phoneのケースはあるか?」と聞くと
"nothing"

 と、シンプルな答えが返ってくる。現状GoogleがWindows Phoneにはネイティブアプリを出さない方針でいるので、実用にするにはちょっと厳しい。また、AT&T向けということで、対応するLTEバンドが2,4,5,17と偏っており、米国外ではほぼLTEが使えない。

とにかく安い!

AT&T側のトラブルに遭遇

ちょうどいい大きさ

Continue reading "Windows Phoneを買ってきた" »

Nov 07, 2015

USプリペイドSIM事情(2015年版)

Pa293647r

Ready SIMが第一選択

 これまでAT&TのGo Phoneを使ってきたけれど、T-mobile系のMVNOのREADY SIMが非常に便利だった。到着前にSIMフリースマホのSIMカードを差し替えておき、ベルトサインが消えたところで電源を入れれば、ボーディングブリッジを渡る頃には通話、通信ができる状態になっている。特番に発信しての開通作業や、APNの設定など面倒は全くなし。家内と渡米日程がずれた関係で、僕がスマホの面倒を見ることができなかったが、SIMの出し入れの方法を事前にレクチャーしただけで、自力でLineで連絡をしてきた。

 READY SIMは公式サイトや海外のディーラーからも購入できる。Ready SIMのディーラーでもあるA Yoshida氏によるblog「アメリカより」はアメリカの通信事情が日本語で詳しく開設されている。一読をお勧めする。

商品購入代行-SIM « アメリカより

 今回は応援の意味も込めて同氏から購入したが、Amazon等でも販売されている。7日間500MB通話定額で3,000円でしかない。Google Mapsを一日ナビとして使うと200MB弱通信するので、こういう用途にはやや不安だが、街中で地図を見る程度なら充分だろう。


日本で買ったiPhoneやiPadを海外で使うのは、やっぱり面倒

 日本の携帯電話キャリア三社が提供している海外パケット定額制は、三社横並びで24.5MBまで日額1,980円、上限額は2,980円に設定されている。上限額には25MBで達する。なかなかにふざけた料金設定の上、「一日」が日本時間で区切られるので時差が大きくなると非常に使いづらくなる。ソフトバンクはiPhone6,6s限定で月額980円で日本の通話、パケット契約をアメリカで引き継げる「アメリカ放題」を提供しているが、僕はiPhoneにもソフトバンクにも興味がない。

 iPadは国内キャリア間のみSIMロックがかかっており、海外ではSIMフリーである。僕はdocomo系MVNOを使うために香港版のiPad mini2を持っている。iPad mini3以降が対応している、一枚のSIMでキャリアを選べるApple SIMには対応していないが、Apple storeに行けば各社のプリペイドSIMをもらえる。これを差すとiPadからプランを選んで開通手続きができるのだが、最後の決済段階でつまづいた。国外発行のクレジットカードを通してくれない。そのへんのスーパーで売っているVISAやマスターのギフトカードを買ってこれば、アメリカ発行のクレカ扱いになるので、おそらくクリアできそうだが、そこまでして使う気がなかったので、お蔵入りにした。iPadのように高価なことが知れている端末を路上で使うのは不安があるのよね。

 安っちい端末の方が狙われにくいので安全です。

iPhone・iPadのSIMロック解除、ドコモは準備OK! で、auとソフトバンクは……?

 たとえiPhoneのSIMロックが解除できたとしても、使い勝手、安全性両面で海外に持ち出すのは感心しません。

アメリカ Ready プリペイド SIM アクティベーションが簡単! (通話とSMS、データ通信500MB 7日間)
アメリカ Ready プリペイド SIM アクティベーションが簡単! (通話とSMS、データ通信500MB 7日間)

« July 2015 | Main | December 2015 »

blog内検索


ad

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ