« ドコモのガラケーを「みおふぉん」にMNPした | Main | 12インチwindowsタブレットは、アリ »

Apr 03, 2016

安さに釣られてwindows tabletを買ったら、iPad miniがほとんど要らなくなった

Img_0011r

 買ったのはLenovo YOGA Tablet 2-8 with Windows、CPUはBay Trail世代のAtom Z3745でメインメモリ2GB, フラッシュメモリ32GBとこの手のタブレットでは標準的な内容だ。

PC watch; 【西川和久の不定期コラム】レノボ・ジャパン「YOGA Tablet 2-8 with Windows」(2015/4/28)

 8型の液晶画面はIPSで解像度は1,920×1,200ピクセル。タブレットにワイド画面は有り難くないが、解像度が高く文字の潰れが目立たないのは良い。視野角も十分である。


IT media; “Atomは遅い”はもう古い?――「Surface 3(4G LTE)」の性能を見極める(2015年06月21日)

 プロセッサまわりはさすがに厳しく、core i3と比べるとベンチマークのスコアは57%程度でしかない。プリインストールのwindows 8.1 with Bingでも、アップグレードしたwindows10でも、ギリギリ使えるが快適とは言いがたい。ただ、新品でも3万円弱、僕が買ったものはMicrosoft Office Home & Business 2013が抜き取られて1万円半ばだったので、納得いく範囲だ。(逆に、LTEモデム内蔵とはいえ、YOGA2の5割増し程度の性能しかないSurface 3に8万円はないわ)

第一段階; iPad miniとガラケーから、iPad miniとAndroidスマホに変更

第二段階; iPad miniとsmartphoneから、Windows tabletとsmartphoneに変更

スマホと同じ事しかできないタブレットに未来はない
 

第一段階; iPad miniとガラケーから、iPad miniとAndroidスマホに変更

以前はiPad mini Retina celluar とガラケーを併用していて、iPad minにiはLineやE-mail, webブラウズなどスマホ的な機能と、Kindle書籍やPDFなど文書を読む機能を割り振っていた。ところが、ガラケーをnexus5Xに変更したら、iPad miniに割り振っていた機能のほとんどを担えることがわかった。

遊手好閑; ドコモのガラケーを「みおふぉん」にMNPした (Mar 06, 2016)

 nexus5xのスクリーンは5.2インチあり、電子書籍の閲覧もギリギリこなせる。アスペクト比が9:16なので、紙ベースの文書との相性は悪いがリフローできる電子書籍ならどうにか読める。また、Android版Kindleには、難解な英単語に辞書的な意味をルビで表示するWord Wiseが実装されている。従来Kindle端末にしかない機能だったが、これが載ったことで洋書はiPadよりnexus5xの方が楽に読めるようにすらなった。


 そんなこんなで自然とiPad miniを持ち出さないようになってきたが、そうなると紙ベースのpdf文書の閲覧が辛くなってきた。そのためだけにスマホと機能的に重なりが大きいiPadを使うのもなあ、ということで、Windows tabletを試してみようと思い立った。

第二段階; iPad miniとsmartphoneから、Windows tabletとsmartphoneに変更

 iOSを経験して感じるwindowsベースのメリットは、ファイルの扱いにある。iOSはファイルシステムが隠蔽されおり、アプリ間でのファイルのやりとりは、アプリの実装に依存している。元来データはアプリが抱え込む構造だったがOSバージョンアップの課程でアプリ間の連携が追加されたので、連携可能なこともあれば、それぞれのアプリごとに同じファイルを保存しなければならないような無駄も起きる。端末内部での連携ができず、いったんクラウドストレージを経由させなければならないこともある。また、アプリによって、対応するクラウドに差があることもあり、あまり複雑なことをする気にならなかった。

 一方、windows tabletのファイル管理はwindowsそのものだ。内蔵ストレージ経由で何でもできる。iOSの不自由さに辟易していた身には非常に便利に感じた。標準的なプロトコルが利用できるので、NASとの相性も良い。

 windows tabletは現状ストアアプリが頼りにならないので、タッチ操作を考慮したデスクトップアプリを中心に使うことになる。タッチ操作への対応がアプリ依存なので指でのタッチ操作が基本のiOSアプリと比べると使いづらく感じることも多いのだが、これまでできなかったことができるだけでも有り難く感じる。


スマホと同じ事しかできないタブレットに未来はない

 結局のところ、iPadはできることがiPhoneと大差なく、違いはスクリーンサイズだけと言っていい。同じようなものを二台持っても仕方ない。iPadの売上が急降下しているのは、スマートフォンの普及と大画面化が大きく寄与していると思われる。Tim氏は新興市場において、一台目のApple製品として売れているとしているが、言い換えればiPhoneやMacBookへの踏み台でしかない。

Apple insider;Tim Cook highlights iPad's key role in Apple ecosystem as investors shrug(October 28, 2015)

 AppleもiPadの現状に相当な危機感を持っているようで、この後発表されたiPad proは電磁誘導式スタイラスに対応することで、iPhoneにできないお絵描きで差別化を図ったが、イラストを完成品レベルまで描き込み、仕上げるのは難しいようだ。

 IT media; Cintiq使いのプロが見た「iPad Pro」の優秀さと限界 (2016年03月13日)

 税込み10万円超のコストに対して、この内容が受けいられるかはなはだ疑問だ。Proを名乗っていい出来には思えない。

« ドコモのガラケーを「みおふぉん」にMNPした | Main | 12インチwindowsタブレットは、アリ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9628/63436705

Listed below are links to weblogs that reference 安さに釣られてwindows tabletを買ったら、iPad miniがほとんど要らなくなった:

« ドコモのガラケーを「みおふぉん」にMNPした | Main | 12インチwindowsタブレットは、アリ »

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ