« Zenfone4 ガラスフィルム失敗 | Main

Jan 20, 2018

MacBook Pro 15インチ (mid 2015)に買い替えた

P1206503 年末の忙しい時に、MacBook Air(13-inc, Mid2011)が故障したため、急遽買い替えが必要になった。12月初旬から、「バッテリーの交換修理」が必要との表示が出ていたが、12月中に症状が進み、下旬には電池で動作する時間が著しく短くなって、電池残量の表示も信用できなくなった。残量50%以上が表示されていても、突然電源が落ちることがあるので、ACアダプタをつながないと、危なくて使っていられない。これでは、さすがに、ということで、買い替えることにした。

MacBook Air 13インチMid2011への不満

MacBook Pro 15インチ2016, 2017への不満

Windowsへの移行も考慮

Mac同士の乗り換えは簡単

MacBook Air 13インチMid2011への不満

 MacBook Air 13インチを使っていてストレスだったのは、画面の狭さとプロセッサの遅さである。画面の解像度は1,440x900ピクセルで、二つのウィンドウを開いて作業するには幅も高さも不足する。WUXGA(1,900x1,200ピクセル)の外部モニタを追加していた。プロセッサはSandy bridgeマイクロアーキテクチャの第二世代 core i5 (Sandy Bridge世代)、1.7GHzのdual coreで、そんなに遅いプロセッサとは思えないのだが(第一世代core i5-520M 2.4GHzのThinkpad T510では別段ストレスを感じない)、冷却システムの劣化が著しく、熱の滞留によってクロックが頭打ちになっているようで、処理待ちが目立つ。

遊手好閑; MacBook Airのサーマルグリスを塗り直した(Jul 18, 2017)

 サーマルグリスを塗り直してみたが、やや改善が見られた程度で劇的な効果はなく、MATLABによる数値解析のような重い処理はほぼ不可能。別途デスクトップPCを併用していた。データ処理が一台で完結しないのはストレスであったので、充分なCPUパワーがあるノートPCへの乗り換えを常々考えてはいたのだが、今回の繁忙期はAirで乗り切るつもりでいた。

MacBook Pro 15インチ2016, 2017への不満

 手持ちのソフトウェアのライセンスを有効活用するとなれば、MacBook Proへの乗り換えが順当なのだが、2016年のモデルチェンジで全く望まない方向に進んでしまった。15インチにはtouch barがもれなくついてくる。Unix ShellでVimなども使うので、ESCキーがないのは、非常に困る。ほとんどストロークがないキーボードも、大きすぎるタッチパッドも気にくわない。端子はUSB type Cのみで、何をするにもアダプタが必要。使い勝手に係わる数多くの要素を犠牲にして、前モデル比200g軽くなってはいるが、2kgが1.8kgになったところで可搬性が上がるかといえば、疑問だ。プラスの要素がほとんどないのに、価格は大幅に高くなっており、買い替えに値しないと判断した。

 Appleもこのモデルが不評なことは把握していると表明しており、おそらく次のモデルチェンジで軌道修正が入ると思われる。

Business insider; ユーザーはひと安心? ジョナサン・アイブ、MacBookへの批判は“把握している”と語る(Dec. 05, 2017)

Windowsへの移行も考慮

 待てるならば次を待つべきと思うが、手持ちのAirがもうダメとなれば致し方ない。windows PCへの乗り換えも含めて検討した。検討したのは、Thinkpad X1 carbon, T470s, Macbook pro 15-inch Mid 2015, 2017。英語キーボードが選べるのが条件で、SSDを512GBに変更している。

MacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)
i7-4770HQ 2.4/3.4GHz L3 6MB Haswell 22nm
512GB SSD
2.04kg
213,840yen

MacBook Pro(15-inch, 2017)
i7-7700HQ 2.8/3.8GHz L3 6MB Kaby Lake 14nm
512GB SSD
1.83kg
303,264yen

Thinkpadは液晶ディスプレイをWQHDに変更し、MS officeを追加した。BTOでcore i7も選べるが、2core 4threadのi7-7500Uになり、4core版は選択できないのでi5のままとした。

Thinkpad X1 carbon
i5-7200U 2.5/3.1GHz L3 3MB Kaby Lake 14nm
LPDDR3 8GB on board
512GB NVNe SSD
14inch WQHD LCD
office home and business 2016
1.13kg
171,137yen

Thinkpad T470s
i5-7200U
DDR4 8GB (4GB on board +4GB DIMM)
512GB NVNe SSD
14inch WQHD LCD
office home and business 2016
1.32kg
164,041yen

MS officeを追加しても、Thinkpadの方がかなり安い。MacBook pro (2017)は、この四機種の中では唯一、Discrete GPUを積んでいるが、いまどきパソコンに30万円はないわなあ。ThinkpadはCPUがデュアルコア止まりになるが、かなり仕様を盛っても20万に届かない。繁忙期の乗り換えでなければ、OSの乗り換えも充分検討に値する。

 とはいえ、OSの乗り換えに使える時間がないこと、MacBook proの旧機種が未だ入手可能だったことから、今回はMacBook Pro mid2015を選んだ。

Mac同士の乗り換えは簡単

 MacからMacへの乗り換えは非常に簡単で、普段から古いMacバックアップに使っていたUSB HDDを、新しいMacにつないで、そこから復元させれば良い。数百 GB書き戻すので、半日ほど放っておく必要はあるが、ほとんど手を触れる必要がない。多少なりとも手間を要したのは、MATLABのアクティベーションの切り替えくらいだ。繁忙期ゆえ、手間なしで済んだのは非常に助かった。

P1206510

 キーボードは基本的にMacbook Airと同じ。特に褒められたものではないが、2016, 2017年モデルのストロークのないバタフライ構造のキーボードよりはマシというところ。タッチパッドは感圧式で押し込みのストロークがないタイプ。最近のiPhoneのホームボタンと同じく、アクチュエータでクリック感を返すしくみ。こちらはパッドのどこを押しても入力される点が従来のものと比べて良いと感じた。パッドのサイズは外部モニタを併用してもこれで充分。掌が常に触れるような巨大なパッドには必要性を感じない。

 フットプリントは微増といったところだが、重量がMacbook Airの1.35kgから、2.04kgと700g弱重くなっており、ACアダプタも大きく重くなっている。荷物が重くなったな、とは思うが、電池のもちが良いこともあり、許容範囲である。

値段がやや高いとは思うが、Mid2015にはおおむね満足している。次の買い替えは当分先になるだろうが、もし、Appleが今後も2016, 2017年モデルの方向でモデルを重ねていくなら、次はMacから離れることになるだろう。

■変更履歴
新旧MacBook ProのCPUが入れ替わっていました。本文は修正済みです(2018/1/24)

« Zenfone4 ガラスフィルム失敗 | Main

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

管理人様はじめまして。購入おめでとうございます。
自分とほぼ同じ成り行きで親近感を感じました。
わたしもAppleがこのまま2017モデルな感じで今後も行くなら、不本意ですが、次はWindowsノートも視野にいれなければと思っています。

ところで、
「MacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)
i7-7700HQ 2.8/3.8GHz L3 6MB Kaby Lake 14nm
512GB SSD
2.04kg
213,840yen」

の記述はKaby LakeではなくHaswellですね。

ご指摘いただきありがとうございます。
新旧MacBook ProのCPUが入れ替わっていましたので、本文を修正しています。

Unix系ツールを使う関係上、Macがいちばん安直な選択肢なのですが、最近は
Windows sub system for Linuxも試しています。ただ、まだユーザーのボリュームが
限られており、つまづいた時の情報量が少ないように思います。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9628/66247444

Listed below are links to weblogs that reference MacBook Pro 15インチ (mid 2015)に買い替えた:

« Zenfone4 ガラスフィルム失敗 | Main

blog内検索


ad

January 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ