« (ようやく)デジカメを買い替えた | Main

Dec 02, 2018

意外に使える、Micro Four ThirdsボディでのFourthirdsレンズ

 手持ちのFourthirdsレンズを、マウントアダプタでLUMIX GX7 Mark IIIに取り付けてみた。

 コントラストAFが謳われていない、ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5や50-200mm F2.8-3.5でも、AFが動作するのは確認できた。ピント面を尺取り虫のように行きつ戻りつ動かして、ピントの山を探る動きをするため、合焦までhひと呼吸を要する。

「AF_11-22mm_SD.mp4」をダウンロード

 ハイスピードイメージャAF対応の、ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 IIの場合は、一息でピントが合う。ピントの山付近まで一気に動いたあと、わずかに折り返して合焦する。

「AF_14-54mm_SD.mp4」をダウンロード

 PanasonicのMicro FourThirdsレンズでは空間認識AFが効くようで、LEICA DG Summilux 15mm /F1.7は、更に早い。コントラストAF特有の、ピントの山の前後を往復するウォブリングが、ほぼ認識できない。これと比べてしまうと、ZD 14-54mm IIのAF動作が遅く感じられるが、動体相手でなければ、十分使える範囲だと思う。

 ただ、ハイスピードイメージャAF対応のFour Thirdsレンズはごく限られている。
Q:ハイスピードイメージャ AF に対応しているフォーサーズ規格のレンズを教えてください。

 手持ちレンズでは、ZD 14-54IIを除くと、E-620のキットレンズだったZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6だけだ。このレンズは単体では小型軽量なのだが、FourThirdsアダプタを付けると、その利点がスポイルされてしまう。描写は悪くないのだが、14-54 IIとくらべてテレ端がかなり暗い。サイズの面のメリットが少ないとなれば、積極的に使う理由が見いだせない。

ZD 11-22mmは、最低限使える印象を持っているが、ZD 50-200mmは、焦点距離が長く、被写界深度が浅いため、デフォーカスした状態からのAFは、合焦までの時間がかかる上、ピントの山を見つけられないことも少なくない。望遠レンズは、Micro Four Thirdsレンズへの買い替えが必要と感じている。画質の面では、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROに定評があり、価格的にもどうにかなる範囲ではあるが、空間認識AFの威力を見てしまうと、Panasonicにしようかな、と思う。
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200/2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. が、ZD 50-200に近いスペックで使いやすそうだが、あまりにも高すぎるので、LUMIX G VARIO 100-300/4.0-5.6 II POWER O.I.S.が現実的なところだろうか。その前に、明るい中望遠かな。

« (ようやく)デジカメを買い替えた | Main

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9628/67440294

Listed below are links to weblogs that reference 意外に使える、Micro Four ThirdsボディでのFourthirdsレンズ:

« (ようやく)デジカメを買い替えた | Main

blog内検索


ad

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ