Posts categorized "パソコン・インターネット"

Oct 14, 2018

EliteDesk 800 G1にM.2 NVMe SSDを増設した

 サブマシンとして追加したデスクトップPC、購入時には128GBのSSDが内蔵されていた。あくまでサブなので、この容量でどうにかなるかと思っていたが、早くも残り20GBを切ってしまった。

遊手好閑; デスクトップPC再導入(Oct 02, 2018)

 本機は標準的なSATA 2.5inch SSDを採用しているので、これをより大容量のものに交換するのが簡単だ。SATAのSSDは500GBで1万円程度になっているので、コストパフォーマンスも良い。しかし、EliteDesk 800 G1にはM.2(type 2280)の空きスロットがある。拡張の余地が少ないコンパクトデスクトップなので、できれば2.5inch ベイは空けておきたい。また、このM.2スロットは冷却ファン直下にあり、一般に発熱が激しいNVMe SSDを取り付けるに好適である。

 サブマシンの位置づけは変わらないので、ローカルストレージは256GBで足りるはず。SATAと比べると容量あたりのコストは二倍近くになるが、NVMeタイプのSSD、Plextor M8Peを入れてみた。

Pa127442_r

181012_plextor_m8pe ベンチマークテストでのパフォーマンスは非常に高く、Sequential read 1,650MB/s, Write 850MB/sに達する。本機のM.2スロットは、PCI Express Gen2 x4なので、公称値のread 2,400MB/s には届かないが、SATAでは、Rev. 3でもありえないスコアである。大量のファイルを読み書きする場面では、ベンチマーク通りSATAより短い時間でタスクが完了する。Windowsのインストールは、見たことがないような早さで終わった。

181012_sandisk_x300s これまで使っていた、SATAのSSDは、それぞれSeq. read 440MB/s、write 230MB/sなので、4倍ほど差がついている。
 ただし、日常的な速度の差を感じることは、ほとんどない。デスクトップ用途には、SATAでも充分に早いということだ。大量のデータを読み書きして初めて差が出るようで、並列度の高い高速なプロセッサで、動画編集をするような用途でないと、ディスクの早さを生かせないのではないか。

 また、登場して日が浅いデバイスならではの互換性の問題もあり、下調べに時間を要した。

Continue reading "EliteDesk 800 G1にM.2 NVMe SSDを増設した" »

Oct 02, 2018

デスクトップPC再導入

 Mac miniが故障して以来、自宅にデスクトップPCは置いていなかったが、持ち運び兼用のノート一台のみでは何かと不自由だった。カバンの中に入れっぱなしになっていることも少なくないので、いざ使うとなると、ひと手間、ふた手間かかる。デスクトップPCをスリープさせておけば、使いたい時に、即使える。

 問題は置き場所だが、ノートPCのセカンダリモニタとして、モニタアームに液晶を載せたら、机のスペースがかなり空いた。昨今、PCに拡張性が求められなくなったことで、非常にコンパクトなデスクトップPCが出てきている。LenovoのThinkCentre Tinyシリーズが代表格だろう。こうした小型PCは、Mac miniより、さらに省スペースで、モニター裏への設置すら可能だ。

PC watch; レノボ、新Tinyシリーズ発表会で想定導入事例を紹介(2014/9/25 17:50) 

 通常のデスクトップPCよりは、やや高価だが、最近では、中古市場にリースアップ品が潤沢に流通している。

Akiba PC hotline; 在庫は200台以上!レノボのミニPC「ThinkCentre M73 Tiny」が税込27,800円(2018年7月7日 00:10)

 これらは企業向け端末でメンテナンス性が良く、パーツの交換や増設が簡単にできる。中古だとプロセッサやチップセットなど、プラットフォームは数世代古くなるが、CPUのパフォーマンスはこの数年、ほとんど伸びていないので、性能面での問題はない。(Mac miniは未だに第4世代Coire i採用のモデルが販売されている) しばらく中古市場を眺めていたら、Hewlett-Packardの1Lクラスのミニデスクトップが目にとまった。

 PC watch; 【Hothotレビュー】日本HP「HP EliteDesk 800 G1 DM」 (2014/6/10 06:00)

 記事中で紹介されているのはdual coreのi5, HDDのモデルだが、購入したのは、Celeron G1840T, メモリ2GB, SSDの未使用品だ。ディスクを交換するとOSの載せ替えが面倒なので、最初からSSDの方が良い。他はあとから手を入れられる。メモリは明らかに足りないので、 4GBのDDR3L SO-DIMMを同時に注文した。CPUは第4世代(Haswell refresh)Core iベースののCeleron。こちらはまずは使ってみて、判断しようと考えた。

hp EliteDesk 800 G1

 置いてみると、本と一緒に並べられるサイズである。オプションのマウントキットでモニタ裏にも取り付けできるが、USBケーブルの抜き差しが不便になりそうなので、まずはブックエンドに立てている。筐体の通風は良好で、熱を持つ印象はない。本と密着しても大丈夫そうだ。Mac miniの筐体が非常に熱をもったのと対照的だ。Mac miniは、筐体下に放熱板を敷き、周辺に通風のためにスペースを空けていた。

まずは、メモリ2GBでセットアップ

Continue reading "デスクトップPC再導入" »

Aug 21, 2018

使ってみないとわからなかった、モニターアームの便利さ

昔から興味はあったが、なかなか手が出なかったモニターアームを購入した。

 手持ちの液晶モニタ(EV24360W)に付いてきたスタンドも、回転と上下動については相当な自由度があるが、左右方向に動かすのは困難で、台座もそれなりに邪魔になる。アームならば、台座は机の奥の端になり邪魔にならず、左右方向も自在に動き、上下方向の自由度も高い。

 ふだんはこの位置だが、
P8206937r

 ノートPCの真横に持ってくることができる。
P8206938r

 液晶モニタをこの位置に置くと、デスクから相当はみ出る。普段からこの位置に置いておくわけにいかないが、アームならば、普段は邪魔にならない場所に跳ね上げておいて、使いたい時にノートPCの横に持ってこれる。狭いところに住んでいるので、こうでもしないと自宅でデュアルモニタを使えない。

 液晶モニタがやや古いCFLバックライトの機種で、スタンドを除いたモニタ部だけで4kgを超えるため、比較的がっちりしたERGOTRON / hp のアームを購入したが、最近の軽量なLEDバックライトのモニタならば、数千円のアームで充分支えられるだろう。なきゃないで、困るほどではないが、あれば、思いのほか、便利なものだと思う。

HP(ヒューレット・パッカード) HP(ヒューレット・パッカード) シングルモニターアーム BT861AA

HP(ヒューレット・パッカード) HP(ヒューレット・パッカード) シングルモニターアーム BT861AA

Jan 20, 2018

MacBook Pro 15インチ (mid 2015)に買い替えた

P1206503 年末の忙しい時に、MacBook Air(13-inc, Mid2011)が故障したため、急遽買い替えが必要になった。12月初旬から、「バッテリーの交換修理」が必要との表示が出ていたが、12月中に症状が進み、下旬には電池で動作する時間が著しく短くなって、電池残量の表示も信用できなくなった。残量50%以上が表示されていても、突然電源が落ちることがあるので、ACアダプタをつながないと、危なくて使っていられない。これでは、さすがに、ということで、買い替えることにした。

MacBook Air 13インチMid2011への不満

MacBook Pro 15インチ2016, 2017への不満

Windowsへの移行も考慮

Mac同士の乗り換えは簡単

Continue reading "MacBook Pro 15インチ (mid 2015)に買い替えた" »

Jul 18, 2017

MacBook Airのサーマルグリスを塗り直した

 MacBook Air 13インチ(Mid2011)を(いまだに)メインに使っているのだが、昨年あたりから非常に軽い作業でも冷却ファンが高速で回り続けるようになっていて、ストレスを感じていた。裏蓋を外してヒートシンクまわりを掃除してはみたが、空気の流路をふさぐほどホコリが溜まっているわけでなし、全く効果がなかった。

 排気口に手をかざしてみても排気はほとんど熱をもっていない。CPUからファンまで熱を輸送できていないようだ。CPUとヒートシンクの密着が悪くなっているか、ヒートパイプの不良が考えられる。ヒートパイプなら交換するしかないので、経年劣化のおきやすいCPUのサーマルグリスを塗り直すというのが、次の手になるだろう。

 しかしこの春、自宅に置いていたMac miniが故障したので、手持ちのMacはこれしかない。予備がないのに故障のリスクを負うわけにはいかないので、伸び伸びになっていた。

 先日、抱えていたプロジェクトに一応の区切りがついたので、サーマルグリスを塗り直してみることにした。参考にしたのは、iFixit、難易度は'Difficult'となっている。


MacBook Air 13" Mid 2011 Heat Sink Replacement - iFixit

 用意した工具は裏蓋の特殊ねじを外すための1.2mmのP5 Pentalobe Screwdriver、内部で使われているTorxねじを脱着するT5 Torx Screwdriver、サーマルグリスはシルバーを配合したものを使った。

Continue reading "MacBook Airのサーマルグリスを塗り直した" »

Jan 23, 2017

電池切れのLenovo YOGA Tablet 2 with windowsを修理

 Nexus7の代わりにリビングに置いていたLenovo YOGA Tablet 2 with windows、電池切れのまま放置された後で、全く立ち上がらなくなってしまった。このタブレットの電源インジケータは点滅で充電中、点灯で満充電を示す。アダプタを付けて数日待ったが点滅が続き、充電されていないようだ。こういう状況への対応策を検索してみた、

・電源ボタンの長押し (30秒もしくは数分)
・電源ボタンと音量(+)を長押しし、UEFIメニューに入る

 この二法を試すがダメ。一度バッテリを外して、完全に電源を断つことで回復した、との記事を見つけた。

(セゴ)ろぐ 2016/04/09 ★LENOVO YOGA TABLET2 起動せず・・・ 

伊東制作所ブログ 2015/08/30公開 (2016/10/21更新)タブレットの電源が入らない!ASUS MeMO Padを強引に蘇生させた方法

 以前、同じ症状を来したLenovo Miix 2 8を、電池の取り外し、再接続で復活させた経験がある。YOGA tablet 2もこの方法で直るかもしれない。早速試してみた。

Continue reading "電池切れのLenovo YOGA Tablet 2 with windowsを修理" »

Jan 18, 2017

モバイルルータをAterm MR04LNに買い替えた

P1176143r


 LTEモデムを内蔵したWindowsタブレットはごく限られる。Surface 3などはその代表格だが、完成度が高くないようだ。圏外から復帰しなくなった、とか、APNが消えるなど、不具合をよく耳にする。どうもsmartphone向けのSoCやOSと同水準を期待できそうにない。LTE内蔵にこだわって不安定なハードを掴むのも難なので、モバイルルータを併用することにした。

 これまで使っていたのが、Huawei E5377。起動がはやく、小さいのも良いのだが電池のもちが良くない。スタンバイ状態でも結構な早さで電池が減っていくので。タブレットを使い終わったら、忘れずにルータの電源を落とす必要があった。面倒ではあるが、WiMAXのUroad7000以来、何台も使った経験から、モバイルルータなんてそんなもんだろう、と思っていた。

Huawei E5377s-327
LTE:1/ 3/ 5/ 7/ 8/ 19/ 20
UMTS:1/ 2/ 5/ 8/ 19
HxWxD: 57.1 x 93.5 x 14.4 mm
重量: 82 g
連続通信時間: 最長約6時間


 今回NECのAterm MR04LNを買ってみた。E5377のバッテリが1,500mAhなのに対し、MR04LNは2,300mAhと5割増だ。電池の保ちもそれくらいを想定していたが、MR04LNは省電力機能が充実しており、E5377に比べて数倍電池が保つように感じる。ルータはWiFi接続が切るとほどなく休止状態に落ちる。休止状態ではほとんど電池が減らない。意識して電源を落とさないと、何もしていないのに電池がなくなっている、ということがない。

 休止状態からの復帰はsmartphoneの専用アプリで遠隔操作ができる。PCからはBluetoothで接続要求を飛ばせば復帰する。回線接続まで多少時間はかかるが、ルータに触れる必要もないのが良い。


NEC Aterm MR04LN
LTE: 1/ 3/ 8/ 11/ 17/ 18 / 19/ 21
UMTS: 1/ 5/ 6/ 9/ 19
外形寸法: 約63(W) × 111(D) × 11(H)mm
質量: 約111g(本体のみ)
連続通信時間: Wi-Fiテザリング時 約12時間

 
 僕の使い方だとカバンに入れっぱなしでも数日は問題ない。特に充電に気を遣わなくても、使いたい時に使えるのが快適である。久方に気が利いているな、と思える製品だった。


NEC Aterm MR04LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE マイクロSIM付) クレードル付属【Amazon.co.jp 限定】
NEC Aterm MR04LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE マイクロSIM付) クレードル付属【Amazon.co.jp 限定】

Oct 28, 2016

タブレットは最低でも10インチが必要 (6年遅れ)

 タブレットらしいアプリに最低限必要なサイズは10インチであり、「7インチのタブレットは最初から死んでいる」と、 と、かつてSteve Jobs氏が決めつけたのは正しかったなー、と今になって思う。小さいタブレットは何かと使いにくいからだ。

クラウドwatch; 「7インチタブレットは最初から失敗」「Androidは断片化」 Jobs節が炸裂(2010/10/25 10:22)

 YOGA tablet2 with windowsは8.0インチ1,920x1,200ピクセルの液晶ディスプレイを内蔵している。縦横比は16:10で、ノートPCで一般的な16:9と比べれば短辺側に余裕があるが、それでも短辺側が短すぎる。横に使うと仮想キーボードが画面を覆い尽くしてしまう。

 YOGA tablet2はスタンドと一体化したバッテリーが特徴で、横使いを求めるデザインである。横にすると仮想キーボードが邪魔なので外付けキーボードを追加した。また画面が狭いため、タッチでの操作が困難である。マウスが必要となる。

結果こうなった。
Pa176115r

YOGA tablet2-851F 426g
Wedge Mobile Keyboard Bluetooth U7R-00001 457g(実測、内スタンドカバー203g)
Microsoft Wedge Touch Mouse 65g(実測)

 合計948g、ほぼ1kgだ。単体で使いにくいがゆえ、あれこれ繋いでようやく使っているだけで、要するにガジェットマニアのオモチャでしかない。

 8インチwindowsタブレットはそれ単体では使いづらいと考えるのは私だけではないようで、同じような構成で使い始めたが、しっくりこないとしていたが、トラックパッド付きキーボードケースと一体化させたことで、利便性が段違いに良くなったと評されている方がいた。

Lenovo『ThinkPad 8』レビュー - どれ程の必要が。(2015-11-07)
Lenovo『ThinkPad 8』再レビュー - どれ程の必要が。(2016-07-10)

 使いたい時にサッと使えるかどうかが評価の違いにつながるのだろう。8インチwindowsタブレットは実用の限界を下回るサイズと感じる。


ディスプレイの縦横比による仮想キーボードの使い勝手のちがい

12インチもあれば仮想キーボードが邪魔にならない

Continue reading "タブレットは最低でも10インチが必要 (6年遅れ)" »

Oct 16, 2016

ATOMはともかく、eMMCはあかん

 intel Core m3ベースのhp Pavilion x2 12、ATOMベースのLenovo YOGA tablet2と比べものにならないくらい早い。

Lenovo YOGA tablet2 with windows 8インチモデルは、Atom第2世代、Silvermont マイクロアーキテクチャのBay Trail refresh SOC、Intel Atom Processor Z3745(1.33GHz/ burst 1.6GHz))で、このプロセッサのPassMark CPUベンチマークのスコアは1,071である。

hp Pavilion x2 12は、Skylakeマイクロアーキテクチャのintel 第6世代Coreプロセッサ、intel Core m3-6Y30(900MHz/turbo 2.2GHz)が採用されており、同ベンチマークのスコアは3,056である。

 CPUのパフォーマンスは3倍弱あるが、体感速度はそれ以上と感じる。そこでブートドライブのベンチマークをとってみた。

Diskmark_yoga2_emmcDiskmark_pavilionx2_ssd
YOGA tablet2 SanDisk SEM32G eMMC Pavilion x2 SAMSUNG MZNTY128HDHP SerialATA6.0Gbps M.2

 左がストレージインタフェイスがeMMCのYOGA tablet2、 右がM.2のPavilion x2のスコアだ。シーケンシャルリードは2.5倍ほどだが、ランダムリードで12倍超の差が付いている。Windowsの体感速度はディスクの早さで決まると思っているので、これを見て納得できた。


Atom採用タブレットのハイエンドといえばSurface 3

ディスクの早さが快適性の決め手

Continue reading "ATOMはともかく、eMMCはあかん" »

Oct 15, 2016

12インチwindowsタブレットは、アリ

 windowsタブレットはできないことが少なくて便利と感じている。今年の春に8インチwindowsタブレットを購入したところ、iPad miniをさっぱり使わなくなってしまった。自宅のリビングに置いていたNexus7も放置されて久しい。iPadやAndroidタブレットでは、PCで簡単にできることがやけに遠回りになることがあるからだ。

遊手好閑; 安さに釣られてwindows tabletを買ったら、iPad miniがほとんど要らなくなった(Apr 03, 2016)

PC watch; 市販の鉛筆でも操作できる「YOGA Tablet 2 with Windows」(2015/3/3 12:36)


8インチワイド(16:9)は狭い

10インチ超のタブレットは大きすぎるのでは?

hp Pavilion X2を試す

Surface pro 4と比べて


Continue reading "12インチwindowsタブレットは、アリ" »

より以前の記事一覧

blog内検索


ad

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ