Posts categorized "携帯・デジカメ"

Dec 02, 2018

意外に使える、Micro Four ThirdsボディでのFourthirdsレンズ

 手持ちのFourthirdsレンズを、マウントアダプタでLUMIX GX7 Mark IIIに取り付けてみた。

 コントラストAFが謳われていない、ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5や50-200mm F2.8-3.5でも、AFが動作するのは確認できた。ピント面を尺取り虫のように行きつ戻りつ動かして、ピントの山を探る動きをするため、合焦までhひと呼吸を要する。

「AF_11-22mm_SD.mp4」をダウンロード

 ハイスピードイメージャAF対応の、ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 IIの場合は、一息でピントが合う。ピントの山付近まで一気に動いたあと、わずかに折り返して合焦する。

「AF_14-54mm_SD.mp4」をダウンロード

 PanasonicのMicro FourThirdsレンズでは空間認識AFが効くようで、LEICA DG Summilux 15mm /F1.7は、更に早い。コントラストAF特有の、ピントの山の前後を往復するウォブリングが、ほぼ認識できない。これと比べてしまうと、ZD 14-54mm IIのAF動作が遅く感じられるが、動体相手でなければ、十分使える範囲だと思う。

 ただ、ハイスピードイメージャAF対応のFour Thirdsレンズはごく限られている。
Q:ハイスピードイメージャ AF に対応しているフォーサーズ規格のレンズを教えてください。

 手持ちレンズでは、ZD 14-54IIを除くと、E-620のキットレンズだったZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6だけだ。このレンズは単体では小型軽量なのだが、FourThirdsアダプタを付けると、その利点がスポイルされてしまう。描写は悪くないのだが、14-54 IIとくらべてテレ端がかなり暗い。サイズの面のメリットが少ないとなれば、積極的に使う理由が見いだせない。

ZD 11-22mmは、最低限使える印象を持っているが、ZD 50-200mmは、焦点距離が長く、被写界深度が浅いため、デフォーカスした状態からのAFは、合焦までの時間がかかる上、ピントの山を見つけられないことも少なくない。望遠レンズは、Micro Four Thirdsレンズへの買い替えが必要と感じている。画質の面では、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROに定評があり、価格的にもどうにかなる範囲ではあるが、空間認識AFの威力を見てしまうと、Panasonicにしようかな、と思う。
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200/2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. が、ZD 50-200に近いスペックで使いやすそうだが、あまりにも高すぎるので、LUMIX G VARIO 100-300/4.0-5.6 II POWER O.I.S.が現実的なところだろうか。その前に、明るい中望遠かな。

Nov 26, 2018

(ようやく)デジカメを買い替えた

 結論から言うと、PanasonicのDC-GX7 markIIIを購入した。Micro Fourthirdsの、RF風レンズ交換式カメラである。

デジカメwatch; Panasonic LUMIX GX7 Mark III (外観・機能編)(2018/3/14)
デジカメwatch; Panasonic LUMIX GX7 Mark III(実写編)(2018/4/3)

 これまでメインに使っていたのは、OLYMPUSのXZ-2、これでどうにもならない被写体には、古い古いE-620を持ち出していた。E-620は2009年発売なので、ほとんど10年前のカメラである。超広角や望遠レンズがが必要な時には持ち出していたが、高感度撮影では、今時のスマホにも負ける有様。XZ-2も、2012年発売で、こちらも新しくはない。

遊手好閑; 今さらながらOLYMPUS XZ-2購入(Jul 15, 2014)

 コンパクトデジカメなのでAFに難はあり、拡大MFで対応していたが、動きものはお手上げである。一昨年夏のSan DiegoでのMiramar Air showで、手持ち機材ではどうにもならないと思い知らされたが、それっきり航空祭の類いに行けていない。機材の買い替えも伸び伸びになっていた。

 飛行機を撮るのであれば、デジタル一眼レフが最適解だろう。 動体撮影に定評のあるNikon D500も、発売から二年余りを経てかなり値がこなれてきた。レンズは上をみればきりがないが、AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRは、値段の割によく写ると聞いている。この組み合わせなら、価格的に現実的な範囲だ。

 しかしながら、そこまで飛行機を撮りに行かないのよね。航空祭ともなれば、これより遥かに高価な機材を持ち込む方がたくさんいて、見事な作例が上がってくる。しかし、高性能なカメラはどうしても大きくなる。135フルサイズともなれば、尚更だ。ボディはもちろん、レンズも巨大になる。現場にこうした撮影機材を持ち込むためには、様々な犠牲を覚悟しなければならない。自分にとって、写真撮影のプライオリティはそこまで高くない。他に機材に命をかけている人がいるなら、わざわざ自分で撮る必要はないよね、とすら思う。

 撮影機材は現場に持ち込まなければ意味がない。機材を持つことが自分の行動の足かせになっては意味がないので、これまでも、あまり苦労せずに持ち運べるサイズであることを、カメラ選びの条件にしてきた。

 よって、ボディやレンズのサイズは持ち運びに不自由しない範囲で、スマートフォンに追加して持ち運ぶに足りる画質が確保できること、というのが、機種選定の条件になる。最近検討したのは、次の3候補だ。

候補(1) Panasonic Lumix GM5

候補(2) Panasonic Lumix LX100/ II

候補(3) FUJIFILM X-E3

レンズをどうしようか…

Continue reading "(ようやく)デジカメを買い替えた" »

Oct 22, 2017

Zenfone4 ガラスフィルム失敗

Pa216271r2

 ホコリが入ったとか、斜めになったとかではない。端が浮くのだ。
Zenfone4は前面、背面ともに2.5D加工されたGorilla glassで覆われている。ガラスのエッジがなだらかに加工されており、しなやかさに欠ける硬いガラス製のフィルムはエッジのカーブに追従できず、浮き上がってしまう。購入したガラスフィルムはZenfone4のフロントカバーよりひとまわり小さく、実測で上下左右2mmほど小さくカットされているが、それでもフィルムのエッジから2mmほどが浮き上がっている。

 浮き上がった部分がベゼルに隠れていれば見栄えが悪いだけで済むが、浮いた部分が表示面に重なっている。Zenfone4のようなミドルクラスのsmartphoneでも狭額縁化が進んでおり、左右のベゼルは2mm以下だ。両端の浮き上がった部分が表示面にかぶってくる。

Pa216272r

 浮いた部分がディスプレイにかからなければまだ我慢できるが、これはちょっと厳しいなという印象だ。

Oct 01, 2017

Nexus 5XからZenfone4に買い替えた

 突然Nexus 5Xが故障したので、代わりの端末が急遽必要になった。スマホのハイエンド機には10万円近辺の値札がついているが、それだけの価値があるとはちょっと思えない。できることから考えても、スマホは5万円くらいまでじゃないのと思う。世界的にはミドルレンジと呼ばれる価格帯で、機能とコストのバランスとして妥当な線ではないか。

 一方、日本のケータイキャリアは、ほぼハイエンド端末しか扱っておらず、端末価格は非常に高価だ。しかもミドルレンジの端末にまでハイエンド並の値段をつけている。たとえばドコモはNexsus 5Xに93,312円と常軌を逸した値段を付けている。私はSIMフリー版の5xを3万円台で購入した。SIMロックつきのキャリア扱いの端末が二倍以上高いのだから恐れ入る。ただ、結果的に1年半で故障し買い替えを迫られた訳で、グローバル版を買って正解だったとは言い切れない。キャリアで買っていれば保障サービスで端末交換になる状況だろう。もちろん、その手厚いサービスに見合った料金は取られているわけだが。

 すっかり脱線してしまった。最近キャリア公式サイトにちょっと用事ができて、MNOとの契約も検討していたが、一月あたりの支払額を確認すると余りに高くて目眩がする。従来通り、ミドルレンジのSIMフリー端末をMVNOで使うことにした。

 Lenovoのmotorola moto Z2/ Z2 playや、huawei P10、htc U11あたりにも興味はあったが、今回は発売されたばかりのASUS, Zenfone4(ZE554KL)を選んだ。dual SIMスロットを備え、dual standbyにも対応していることと、35mm換算12mm相当のワイドカメラに興味をもったからだ。

ASUS、ダブルレンズカメラ搭載の「ZenFone 4」シリーズを紹介(ケータイwatch 2017年9月20日)
 
 実際使ってみるとワイドカメラはメインカメラと比べるとクオリティが落ちる。発色がやや異なり色調は浅め。樽型の歪曲があり周辺部での像流れも見られる。しかし、超広角ならではの遠近感の強調とディフォルメ効果は存分に味わえる。ケータイのカメラでここまで超広角のものは見当たらないので、私には面白く感じられた。


P_20170930_174202_vhdr_auto

広角カメラで撮影。広い範囲を撮影できている。歪曲収差による欄干の歪みが見られる。暗部のノイズが目立つ

P_20170930_174205_vhdr_auto

標準画角カメラで撮影。標準の縦横比は3:4、9:16も選べるが天地がカットされる。解像感が高い割にノイズが目立たない。

Continue reading "Nexus 5XからZenfone4に買い替えた" »

Sep 24, 2017

Nexus 5X故障、いわゆる再起動ループを発症

Img_20170916r3_2

 2016年3月に購入したNexus 5Xが故障した。突然電源が落ちて再起動がかかるも、Googleロゴの先に進まず再起動を繰り返すという症状。「Nexus 5X 再起動 ループ」"Nexus 5X bootloop"あたりのキーワードで検索してみると同様な症状を訴えるサイトが多数ヒットする。ハードウェアの不具合によるトラブルのようだ。保証期間内であれば修理、交換が受けられるが、私の場合残念なが1年をわずかに超えている。

 有償修理となると4万円ほどかかるようで、購入価格を超えてしまう。


Nexus 5X 再起動ループでLGへ修理依頼
(IT系会社員ブロガー 2017-03-13)

 xda developertsによればNexus 5Xに組み込まれているQualcomm Snapdragon 808チップセットがプロセッサの過熱で故障するケースが多いとのこと。カスタムファームウェアによって故障したCPUコアをバイパスすることで、とりあえず立ち上げる方法が示されている。

Nexus 5X Bootloop Fix Helps you to Finally Boot the Phone(xda developpers July 26, 2017)

 カスタムファームウェアを焼くわけで、もちろん、ブートローダアンロックが必要となる。そこを監視しているアプリは立ち上がらなくなる。直すというよりは、なんとか一回立ち上げてデータを救い出しましょうということだ。


  xdaの記事で冒頭に触れているが、LGの端末は過去にも同様の不具合を起こしているという。こうなるとLGは避けようかという気分になるね。

 また、Nexusシリーズでは、ASUSが製造したNexus 7(2012)でフラッシュメモリの不具合から極端なスピードダウンを経験している。OSアップデートが確約されていることからNexusシリーズを数機種使ってきたが、リファレンスデバイスゆえの完成度の低さは感じており、次はNexusやPixelはやめておこうと思う。スマホのOSもだいぶこなれてきており、最近はOSのバージョンアップによる改善を感じることが少なくなってきたのも大きい。


Apr 03, 2016

安さに釣られてwindows tabletを買ったら、iPad miniがほとんど要らなくなった

Img_0011r

 買ったのはLenovo YOGA Tablet 2-8 with Windows、CPUはBay Trail世代のAtom Z3745でメインメモリ2GB, フラッシュメモリ32GBとこの手のタブレットでは標準的な内容だ。

PC watch; 【西川和久の不定期コラム】レノボ・ジャパン「YOGA Tablet 2-8 with Windows」(2015/4/28)

 8型の液晶画面はIPSで解像度は1,920×1,200ピクセル。タブレットにワイド画面は有り難くないが、解像度が高く文字の潰れが目立たないのは良い。視野角も十分である。


IT media; “Atomは遅い”はもう古い?――「Surface 3(4G LTE)」の性能を見極める(2015年06月21日)

 プロセッサまわりはさすがに厳しく、core i3と比べるとベンチマークのスコアは57%程度でしかない。プリインストールのwindows 8.1 with Bingでも、アップグレードしたwindows10でも、ギリギリ使えるが快適とは言いがたい。ただ、新品でも3万円弱、僕が買ったものはMicrosoft Office Home & Business 2013が抜き取られて1万円半ばだったので、納得いく範囲だ。(逆に、LTEモデム内蔵とはいえ、YOGA2の5割増し程度の性能しかないSurface 3に8万円はないわ)

第一段階; iPad miniとガラケーから、iPad miniとAndroidスマホに変更

第二段階; iPad miniとsmartphoneから、Windows tabletとsmartphoneに変更

スマホと同じ事しかできないタブレットに未来はない
 

Continue reading "安さに釣られてwindows tabletを買ったら、iPad miniがほとんど要らなくなった" »

Mar 06, 2016

ドコモのガラケーを「みおふぉん」にMNPした

 二年前に機種変更したガラケーが、二年縛り満了と割賦支払い終了を迎えた。前のクルマのハンズフリーにBluetoothで接続してたNokia NM705iの調子が悪くなって、姿を消しつつあったBluetooth対応のガラケーに機種変更したのだが、結果的には失敗だった。ここで二年契約を更新していなければ、もっと早く「みおふぉん」に一本化できたのだ。

遊手徒食; (たぶん)最後のガラケー、F-01Eに機種変更(Mar 02, 2014)

・多機能だが洗練されていない「ガラケー」
・2014年春、MVNOが音声通話サービスを開始
・2015年冬、キャッシュバックや「実質0円」が禁止に
・遂にケータイキャリアと手を切った

Continue reading "ドコモのガラケーを「みおふぉん」にMNPした" »

Mar 05, 2016

グローバル版Nexus5Xも日本のSIMを入れるとシャッター音が消せなくなる件

P3034550r

 日本のSIMでアクティベートするとカメラのシャッター音を消せなくなるという話を聞いて、香港CSLのSIMで初期設定してみた。

UIは繁体中国語になる。初期設定中は言語を切り替える術がないのでけっこう大変だ。セットアップを終えて、香港のSIMでは着信音をオフにしたら、シャッター音が消えることを確認した。

 ここでSIMを交換し、IIJmioのドコモSIMに入れ替えたらシャッター音を消せなくなった。CSLのSIMに戻したら消音できる。
つまり挿入するSIMによって強制的に音を出すか否かを判定しているようだ。

 海外で買った端末なのにと、理不尽を感じるが、日本で同等品が販売されているとこういうことがある。強制的に鳴るシャッター音も煩わしいが、Androidの標準カメラアプリは 低機能で露出補正もできないので、常用するのは辛い。カメラアプリを変更した。

Camera FV-5(Android)(デジカメwatch)

高機能だがレスポンスがいまいち。

 ことカメラに関しては、Lumiaの方がよくできているなと感じた。あちらの標準カメラアプリは露出補正はもちろん、シャッタースピードからWBまで簡単に操作できる。もうちょっとwindows 10 mobileのアプリが充実してきたら、カメラやSoCにコストをかけたLumiaの上位機種に乗り換えてもいいかもなあ。

Mar 01, 2016

SIMフリー版Nexus 5Xが安い

 日本向けに営業している海外の通販ショップ、"Expansys"でNexsus 5Xが手頃な値段になっている。3/1時点で32GB版が送料込みで40,355円だ。(通関時に別途消費税がかかる。)日本のGoogle Storeで販売されているのと同じ、グローバル版SIMフリーのLG-H791である。

Expansys_nexus5x_20160301
Google Nexus 5X LG-H791 (SIMフリー, 32GB, Carbon Black)キャンペーン & スペシャルオファー - EXPANSYS 日本

Continue reading "SIMフリー版Nexus 5Xが安い" »

Jan 17, 2016

車載用のiPhoneを買い替えた

1p1164309

 SIMフリー版iPhone4 16GBから、docomo版iPhone5cに買い替えた。iPhone4は香港で買ったもの。長く使ってきたが、さすがに限界だ。

遊手徒食; iPhone4導入(4Sではありません)(Oct 16, 2011)

 私の使っているカーナビはUSB端子にUSBメモリやiPhone, iPodを接続できるが、USBメモリは4GBまでしか対応しない。これでは足りないので古くなったiPhone4をつないでいた。しかし、iPhone4は2010年6月の発売で既に5年を過ぎている。OSの対応はiOS7.1までだが、この古いOSですら動作は緩慢で、十曲単位の音楽の転送に30分以上を要することもある。スマートプレイリストも同期されない。いい加減使ってられないので、代替機を探してた。

 条件は32GB以上の容量があること。Dockコネクタではなく、Lightningに対応していること。可能な限り安いこと。せいぜいそれくらいだ。これならiPodでも良いのだが、iPod nanoは16GBモデルのみで容量不足、価格もこの容量で17,800円と高い。touchはさらに高い。
 となると、中古のiPhone5か5c。ここ数年、国内キャリアのSIMロックがかかった端末を買ったことがないが、iPhoneはプリペイドSIMでの利用に制約が多いので、SIMフリー版である必要はない。

遊手徒食; iPhone5に買い替えるならキャリア版でいいや (Sep 18, 2012)

 携帯電話網での通信は必須ではないが、MVNOのSIMが使えればいいなあ、という程度で、SIMゲタの利用を視野に入れていた。少し前は新規即解約されたiPhone5cが潤沢に中古市場に流れており、割安なソフトバンク版を検討してたが、32GB版はあまり見当たらず、あったとしても3万円ちかくする。不安定なゲタに煩わされるのもイヤだなと手を出しかねているうちに、流通量が減ってしまった。


Akiba PC hotline; 中古品iPhoneもドコモ版が高値、iPhone 5cは他社の2倍近い価格に(2015/7/4 35:00)

 iPhone5cは2013年9月に発売された。廉価版と認識された割には価格が高く不人気に終わった。国内では発売後間もなく投げ売りとなり、2014年9月に販売終了している。

ツカコレ! 今iPhone5cがとっても安い!一括0円で通信料も安くキャッシュバックも数万円レベル(2014/01/05)

 新古品の流通は途絶えているが、2年契約明けの中古品がぼちぼち出回りはじめている。価格もこなれており、ソフトバンク版で白以外なら32GBでも17,000円程度で手に入る。iPhone4の調子が本格的に悪くなってきたので、このあたりを目標に日本橋を回ってみた。

 そこで見つけたのが、この青のドコモ版5cだ。同じような程度のソフトバンク版にプラス5,000円でドコモ版が買える。ソフトバンク版でMVNOを使うとなると、アクティベーションカードやら、SIMゲタを揃えなければならないし、安定しているとも言いがたい。この値段ならドコモ版でしょう、ということでこちらにした。


touch Lab 実質0円運用も可能:「デジモノステーション2月号」付録のSIMカードを使ってみた
12/27/2015

 例の「デジモノステーション2月号」付録のso-net 0SIMを入手していたので、これに入れてみた。アンテナピクトは表示されないが、問題なくLTEでつながっている。フラッシュに入れた音楽だけでなく、webラジオも聴けるようになったが、そういう使い方だと月間500MB以内に収めるのは難しい感じ。ちょっと油断すると数十MB消費してしまう。

より以前の記事一覧

blog内検索


ad

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ