Posts categorized "経済・政治・国際"

Sep 12, 2005

衆院総選挙

 今回はらしくもなく、政治の話を。

 予想通りに自民が勝った。ここまでは予想通り。
よりシンプルな戦略を取り、持てる力を一点に集中した側が、戦術上の少々の優劣にかかわらず勝利する。その上今回は戦術面でも自民が優越していた。適切な時々にニュースを提供し、単純化した対立軸を有権者に浸透させることに成功した。これでは民主に勝ち目はない。

 予想を超えていたのは勝ち方。単独過半数を大きく超えるような圧勝は予想していなかった。
かつて色濃かった、消極的な現状追認の空気は未だ健在だと読んでいたが、そうではないらしい。
いつまで郵政にかかずらっているのか、とばかりに、早々に問題を片付けられるだけの議席を小泉首相に与えよう、との判断に至ったのか。
ネット上ではともかく有権者全体でも、日本人は思った以上に苛立っているようだ。
その苛立ちの中には、konkonさんのところで触れられたいたような、外交面での苛立ちも含まれているだろう。サイフの中身に余裕がなくなると、無関心と鷹揚さを失って右傾化しがちってのはいつの時代も変わらないようだ。

 あともうひとつ。民主の戦術について。
 郵政をイシューとした解散をされてしまった時点で、戦略的には負け。どんな戦術をとっても勝ち負けは変わらなかっただろう。しかし、結党以来、政策論争を基本戦術と位置づけている割には、メディアの性質に対する配慮がないのは戦術的にマズイだろう。たとえば、今回、党首討論での小泉、岡田対決が実現していたとしても、テレビではディベート技術の優劣しか伝わらない。ガ島通信で評されていたように岡田氏に戦術ミスへの反省が見られないのは気になる。政策重視を掲げ、マニフェストを全面に押してゆくならば、ネットの活用にもう少し真剣になるべきではないだろうか。私は立花氏ほどネット利用に積極的ではない立場だが、この意見に基本的に賛成である。

「立花隆のメディアソシオポリティクス」
第44回 今どきナンセンスな公職選挙法 ネットは解禁でなく義務化せよ (2005.09.02)

 以下は余談。
 自分としては、辻元清美だけは落選すればいいな、と思っていた。しかし名簿順序上、さすがにそれは叶わず。

blog内検索


ad

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ